支援サービス一覧

中小企業大学校

募集日程および要項

2024年3月25日より、第42期 中小企業診断士養成課程(2024年9月19日~2025年3月26日実施)受講者の募集を開始します。中小企業支援機関、金融機関等の職員として中小企業の支援に携わる方や、多様なビジネス経験などを活かし、中小企業への支援を通じて、地域・社会の発展に積極的に貢献したいという個人の方で、実践的な経営支援スキルを習得したいとお考えの方のご応募をお待ちしています。
2024年度の中小企業診断士養成課程の募集日程および要項は次の通りです。
応募条件、受講料等の詳細につきましては、第42期募集要項をご参照ください。

2024年度・募集日程

第42期・中小企業診断士養成課程募集日程

応募受付期間

2024年3月25日(月曜)~4月10日(水曜)

実施期間

2024年9月19日(木曜)~2025年3月26日(水曜)

募集人数

40名

  • 当該研修は、状況によりやむを得ず中止または日程が変更になる可能性があります。

第43期・中小企業診断士養成課程募集日程

応募受付期間

未定

実施期間

未定

募集人数

未定

  • 当該研修は、状況によりやむを得ず中止または日程が変更になる可能性があります。

募集要項

受講同意書等について

「受講同意書」の内容に同意の上、受講していただきます。受講をご検討されている方は、必ず内容について、ご確認をお願いいたします(受講決定後にご提出ください。)また、感染症予防対策を目的として、行動面、管理面でさまざまな変更事項が生じ、従来とは異なる運営・管理等が必要になることから、「中小企業診断士養成課程における感染症対策について」をまとめています。同意書の中でも遵守を求められる内容となりますので、併せてご確認ください。

  • 今後の感染状況によって、内容が変更される場合もあります。

第42期応募書類について

第42期中小企業診断士養成課程の応募書類はダウンロードしてください。
申込書類は9種類あります。
(次の1.2.3.4.5.6.7の書類のみダウンロードし、使用してください)

申込書類のダウンロード

  1. 受講申込書
  2. 推薦書(機関派遣で申し込む方について、派遣元機関から提出していただきます)
  3. 履歴書(写真貼付)
  4. 身上書
  5. 審査資料(小論文・原稿用紙2枚以内)
    • 審査資料(小論文・原稿用紙)は、下に記載のある「審査資料(小論文)の作成・ダウンロードについて」に示すURLよりダウンロードしてください。
  6. 受付票・面接票・写真票(写真貼付)・返信用ラベル
  7. 健康診断書
  8. 第1次試験合格証書のコピー(受講決定時は原本を提出)
  9. 受付手数料を振り込んだことを証する書面

募集要項に記載している記入例をよく読み、パソコン入力で応募書類を作成してください。なお「7.健康診断書」については、医師に記入してもらう書類となるため、パソコン入力である必要はありません。申込書類の様式は期ごとに毎回見直し変更しております。必ずこのページでダウンロードした様式をご使用ください(第41期以前にダウンロードした様式は使用しないでください)。

審査資料(小論文)の作成・ダウンロードについて

1 テーマ

企業を取り巻く環境は、未だ感染症の影響が残り、物価高騰など激しく変化しています。また、新しい技術やサービスの登場で地域経済を支える中小企業・小規模事業者も事業継続のために対応を迫られています。さらに今後は、ダイバーシティー&インクルージョンにも考慮が必要になるでしょう。このような中、あなたは中小企業大学校で何を学び、中小企業診断士資格を取得したのち、ご自身の経験やスキルをどのように活かして地域の中小企業・小規模事業者を支援していきますか。また、関わりのある地域社会の発展にどのように貢献していきますか。今のあなたが置かれた立場を踏まえて、あなたが考える診断士のあるべき姿を示すとともに、400字詰め原稿用紙を2枚使って、それぞれ具体例を交えつつ、記述してください。

2 作成上の注意
  1. 作成はWord様式でお願いします。
  2. 用紙の左上にある「氏名欄」には、必ず氏名を記入してください。用紙本体に所属、氏名等を記載する必要はありません。

中小企業診断士第1次試験の合格年度と応募可能な期について

養成課程における「応募が可能となる第1次試験合格年度」は、下記のようになります。

2023年度 第1次試験合格者は次の3期に応募が可能です。
第41期(2024年3月開講)※募集は終了しました。
第42期(2024年9月開講予定)
第43期(2025年3月開講予定)

2024年度 第1次試験合格者は次の3期に応募が可能です。
第43期(2025年3月開講予定)
第44期(2025年9月開講予定)
第45期(2026年3月開講予定)

  • 当校の養成課程では、第1次試験に合格した年度とその翌年度に開講するコースに応募することができます。
  • 第42期以降につきましては予定となります。急遽、変更となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

パソコンスキルは必須条件

当養成課程では、数名単位のグループ形式で、演習や実習に取り組んでいきます。
その際、各メンバーが作業を分担・連携しながら、限られた時間内でパソコンを用いて大量の数値分析・図表作成・情報検索・報告書作成を行い、作業を進めていきます。
これらの作業を円滑に進めていくためのパソコンスキル(M-Word、Excel、PowerPointやインターネットでのWeb検索・データのダウンロードなど)を習得されていないと、他の受講者に多大な迷惑を掛けたり、研修全体の進行やご自身の研修受講にも大きな支障を来したりします。
特別にレベルの高い専門的なスキルは必要ありませんが、Word、Excel、PowerPointの基本操作を行うパソコンスキルは必須条件になるので、十分ご考慮の上、当養成課程へご応募ください。

  • パソコンを活用して、グループ形式での演習や実習を行う、受講者たちの写真

お問い合わせ

中小企業大学校 東京校 支援研修課(診断士養成課程担当)

電話番号(代表)
042-565-1273
FAX
042-590-2686

Mail:to-shindan@smrj.go.jp(@を半角に変更してください)

〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5

ページの
先頭に戻る