ファンド出資

投資ファンドへの出資を通じて、ベンチャー、中小企業者の方々へリスクマネーを提供し、新事業の創出や事業拡大、事業承継、事業再生などを支援します。出資提案につきましては、随時、受け付けています。

事業概要

中小企業者の方々に対する投資事業を行う民間機関などとともに投資ファンド(投資事業有限責任組合)を組成し、中小企業者への資金調達の円滑化と踏み込んだ経営支援(ハンズオン支援)を通じて、ベンチャー企業や既存中小企業の新事業展開の促進または中小企業者の再生を支援します。ファンドの運営(個別企業への投資)は、各投資会社が行います。

  • 中小機構は、2021年3月に「中小企業SDGs応援宣言」を公表し、中小企業・小規模事業者のSDGsへの理解促進と趣旨に沿った事業活動への支援を通じてSDGsの達成に貢献しているところです。本事業においても、政策目的を踏まえたESG投資とSDGsへの取組みを推進してまいります。

ファンドの組成をお考えの方(投資会社)は、ファンド組成までの流れをご確認ください。

中小機構は、金融商品取引法に基づく適格機関投資家です(有効期間は、2022年3月1日から2024年2月29日までの2年間です)。

ファンドの仕組み

ファンド出資事業の種類

中小機構のファンド出資事業には、投資先となる企業に応じて以下の3種類があります。

起業家育成や投資先支援に係るGPへの協力

中小機構は、中小機構が出資するファンドを運営する投資会社(GP:無限責任組合員)が地域における創業機運の醸成や起業家育成の促進、ファンドの投資先の成長を支援する目的で行う取組に協力します。

主な協力内容

  • GPが実施する起業家育成イベントへの募集協力、講師紹介
  • ファンドの投資先支援のための中小機構の支援メニューの紹介

情報提供

ファンド出資事業や各ファンドの投資先情報などを提供しています。

中小機構ファンド出資事業に関する情報

機構出資先ファンドの投資先情報

お問い合わせ

ファンド事業部 ファンド事業企画課
Tel: 03-5470-1672