中小機構とは

中小機構は、国の中小企業政策の中核的な実施機関として、起業・創業期から成長期、成熟期に至るまで、企業の成長ステージに合わせた幅広い支援メニューを提供しています。地域の自治体や支援機関、国内外の他の政府系機関と連携しながら中小企業の成長をサポートしています。

数字で見る!中小機構

150万人が加入する小規模企業共済。小規模企業共済は、国が運営する経営者のための退職金制度。掛金は全額所得控除、一括で受け取る共済金は退職所得扱いとなるなど、たくさんのおトクがつまっています。小規模企業共済加入者約150万人 詳しくはこちら 150万人が加入する小規模企業共済。小規模企業共済は、国が運営する経営者のための退職金制度。掛金は全額所得控除、一括で受け取る共済金は退職所得扱いとなるなど、たくさんのおトクがつまっています。小規模企業共済加入者約150万人 詳しくはこちら

約53万社が加入する経営セーフティ共済、約1兆8900億円の貸付実績。取引先の予期せぬ倒産の備えとして役立つのが、経営セーフティ共済。掛金の税制優遇だけでなく、もしものときに最大で掛金の10倍まで貸付けが受けられます。経営セーフティ共済加入企業約53万社。約1兆8900億円の貸付実績。掛金総額の10倍まで借入れ可能。 詳しくはこちら 約53万社が加入する経営セーフティ共済、約1兆8900億円の貸付実績。取引先の予期せぬ倒産の備えとして役立つのが、経営セーフティ共済。掛金の税制優遇だけでなく、もしものときに最大で掛金の10倍まで貸付けが受けられます。経営セーフティ共済加入企業約53万社。約1兆8900億円の貸付実績。掛金総額の10倍まで借入れ可能。 詳しくはこちら

年間2万人、延べ70万人が受講。全国9箇所に展開する中小企業大学校やweb校では、中小企業の経営者・管理者向けの専門性の高い実践的な研修を提供。多彩な講師陣による、豊富なプログラムに加え、人的ネットワーク構築にも役立ちます。年間2万人受講。延べ70万人受講。2022年3月時点。中小企業大学校 全国9か所 旭川校 仙台校 東京校 三条校 瀬戸校 関西校 広島校 直方校 人吉校 web校(WEBee Campus) 詳しくはこちら 年間2万人、延べ70万人が受講。全国9箇所に展開する中小企業大学校やweb校では、中小企業の経営者・管理者向けの専門性の高い実践的な研修を提供。多彩な講師陣による、豊富なプログラムに加え、人的ネットワーク構築にも役立ちます。年間2万人受講。延べ70万人受講。2022年3月時点。中小企業大学校 全国9か所 旭川校 仙台校 東京校 三条校 瀬戸校 関西校 広島校 直方校 人吉校 web校(WEBee Campus) 詳しくはこちら