支援サービス一覧

東京校

No.89 トップセミナー はじめて学ぶ生成AI活用の基本【大宮開催】

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。

定員間近

研修の概要

研修日程

2024年6月25日(火曜)

研修期間(時間)

全1日(6時間)

受講料

16,000円

定員

20名

対象

経営者、経営幹部、管理者

  • テキスト生成AIを中心とした取り組み方や事例を含め詳しく知りたい方
  • 自社における生成AIの活用を検討したい方
  • 新しい時代の流れを掴み、業務に生かしたい方

研修のねらい

デジタル技術の急速な進展でDXの流れが加速化している中、AI技術は大きな転換期を迎えています。「従来型のAI」から「次世代のAI」ともいえる生成AI(ジェネレーティブAI)の実用可能性が注目されています。生成AIは、テキスト生成AIの「ChatGPT」、画像生成AI「Midjourney」や「Stable Diffusion」など、既に様々なサービスがアメリカ企業を中心に展開され、身近なものになりつつあります。
本研修では、先端技術といえる生成AIについて詳しく学ぶことで、業務上の品質向上や作業の効率化、人手不足解消などについての活用を検討し、少ない情報からより良いものや方法を作り出す過程を学びます。また、生成AIの自社への導入可能性を検討します。

研修の特長

  • 生成AIがこれまでのAIとどのように違うのか、どのようなことを可能にするのかを学びます。
  • 生成AIをビジネスで活用するために必要な知識を習得できます。
  • 生成AIを自社へ導入する場合の方法や法的な問題、留意事項を学ぶことができます。
  • 生成AIの活用事例から、自社で活用するヒントを得ることができます。

カリキュラム

2024年6月25日(火曜)

10時20分~10時30分

オリエンテーション

10時30分~14時30分
(昼休 12時30分~13時30分)

生成AIとは何か、その実際を学ぶ

  • AIから生成AIへと進展する中で社会や企業に及ぼす影響を基本から解説します。
    • そもそもAIとは何か、AIの特徴や種類があるのかを紹介します。
    • 生成AIとは何か、また生成AIの特徴や種類を学び、従来のAIとの違いを理解します。
    • 生成AIが社会やビジネスでどのように活用できるのか、その可能性について学び ます。
    • 生成AIを自社で活用する場合の必要な理解や、留意点を学びます。
    • 生成AIの限界:何ができそうか?/できなさそうか?(演習)
14時30分~16時00分
  • 事例で学ぶ生成AIの活用
    企業において生成AIを活用するための可能性について学習します。中小企業の業務において生成AIがどのような業務に導入できるのかについて事例を交えて学びます。
    • 適応業務や導入時の留意点等について学びます。
    • 生成AIの活用事例
    • 生成AIの今後の展望
16時00分~17時30分
  • 生成AIを活用した取り組みの検討(トークセッション)
    生成AIを自社でどのように活用するかを検討するために、受講者の皆様から頂いたアンケートを使って最新技術を踏まえ、講師、パネリストを交えたトークセッションを行います。トークセッションを通じて、自社で生成AIを活用するヒントを掴みます。
    • 生成AIをビジネスで活用するポイントについて(トークセッション)
    • 質疑応答(生成AIの自社活用について)
17時30分~17時40分
  • 修了証書の授与

講師プロフィール

富田 良治

富田 良治(とみた よしはる)

所属・役職:
TITC合同会社 代表社員
略歴:
中小企業診断士、ITストラテジスト、電気通信大学非常勤講師(データ分析)。SEとして主にWebシステム開発に16年従事の後、IT経営コンサルタントとして独立。データ分析、IT導入支援、Webマーケティングを得意とする。データ分析に関する研修・セミナー実績が多数ある。

備考

  • カリキュラムは都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

アクセス

この大学校へのアクセス情報はアクセスページをご確認ください。

資料請求・お問い合わせ

資料請求、問い合わせはお問い合わせページをご確認ください。

ページの
先頭に戻る