支援サービス一覧

広島校

No.11 次世代トップリーダー養成講座

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。

キャンセル待ち

研修の概要

研修日程

2024年6月3日(月曜)~2024年6月5日(水曜)

研修期間(時間)

全3日(21時間)

受講料

32,000円

定員

25名

対象

経営幹部・管理者等

場所

広島校

研修のねらい

将来、経営の中枢を担う”次世代トップリーダー”が信頼される経営者・経営幹部へと成長するためには、会社の歴史や理念を再確認し、経営の全体像を掴むことが必要です。その上で、経営環境の変化を読み取り、今後の目指すべき経営ビジョンを明確にしていくことが重要です。
本研修では、後継者や経営幹部が環境変化に適応するための経営のあり方や求められる役割・心構えについて学びます。また、演習を交えて自社の将来のビジョンを描き、今後の組織の成長シナリオや自身の行動目標を検討します。

研修の特長

  • 経営の全体像、自社の経営理念の再確認とトップリーダーとしての心構えを理解します。
  • 経営管理の基本を理解し、経営に対する参画意識が高まります。
  • 自社の将来ビジョンや自身の将来への行動目標を策定します。

カリキュラム

6月3日(月曜)

8時50分~9時00分

開講式・オリエンテーション

9時00分~12時00分

次世代トップリーダーの使命と心構え
講師:株式会社アイムサプライ 代表取締役 伊豆田 功
内容:事業を引き継ぐ・経営に参画する決意と覚悟を醸成するために、経営環境の変化に適応する企業経営の基本や次世代トップリーダーとしての心構えを学びます。

  • 経営構造の理解による経営課題の認識
  • 経営への想いと理念の重要性
  • 経営者の果たすべき役割
  • 次世代トップリーダーの使命と心構え
13時00分~17時30分

リーダー自身の成長と問題解決に必要な視点
講師:伊豆田 功(前掲)
内容:次世代トップリーダーとして成長していくために知っておくべき自身の行動特性や問題解決の方法について学びます。

  • 自己分析の留意点と効果的な方法
  • リーダーに共通する悩みと解決方法
  • 変化の時代を生き抜くリーダーに必要となる本質的資質
17時45分~19時00分

受講者交流会 ※1

6月4日(火曜)

9時00分~12時00分

経営戦略策定の基本
講師:伊豆田 功(前掲)
内容:経営戦略策定の基本プロセスを学び、自社の経営戦略について再認識をするとともに、自社の将来ビジョンをイメージします。

  • 市場環境の趨勢を読み解くポイント
  • 戦略構築の基本と押さえておくべき留意点
  • 戦略から戦術に落とし込む方法と目標設定
13時00分~17時30分

組織を牽引するマネジメント
講師:伊豆田 功(前掲)
内容:経営を担う人材となるために、将来ビジョンを示し、組織の共感を得て、経営資源を適切にマネジメントするために必要な考え方や手法を事例や演習を交えて学びます。

  • 人と組織の力を最大化するリーダーシップの開発
  • 組織を活性化させるコミュニケーション
  • 人が育つチームマネジメントの実践

6月5日(水曜)

9時00分~12時00分

組織を牽引するマネジメント
講師:伊豆田 功(前掲)
内容:(前日の続き)

13時00分~16時00分

組織と自身の将来ビジョン(演習)
講師:伊豆田 功(前掲)
内容:研修のまとめとして、経営を担う人材となるために組織の将来ビジョンと自身の行動目標を検討します。

  • 自社の置かれる環境分析
  • 組織の将来ビジョンを描く
  • 次世代トップリーダーとしての行動目標の策定
16時00分~16時10分

終講式
内容:修了証書の交付

講師プロフィール

伊豆田 功

伊豆田 功(いずた いさお)

所属・役職:
株式会社アイムサプライ 代表取締役
略歴:
後継者として13年間、商品企画・PB開発から営業、海外共同生産まで、アパレル会社の経営に従事し、2001年に社名と定款を変更、2003年に中小企業診断士を取得し、経営コンサルタント業務を開始する。経営学と経営経験を活かした独自のスタイルで、流通業のマーケティングや組織開発を中心としたコンサルティング業務と、後継者育成やリーダーシップ能力の向上、大学の講師に至るまで、次世代のリーダー的人材の育成業務を中心に幅広く活躍中。

備考

  1. ※1.
    初日の研修終了後に受講者交流会(参加費:3,000円)を開催する予定です。なお、都合により受講者交流鵜飼の開催を見送る場合がございます。
  2. ※2.
    カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

アクセス

この大学校へのアクセス情報はアクセスページをご確認ください。

資料請求・お問い合わせ

資料請求、問い合わせはお問い合わせページをご確認ください。

ページの
先頭に戻る