支援サービス一覧

仙台校

No.10 はじめて学ぶ!実践的仕事管理術(仙台まちなかキャンパス)

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。

キャンセル待ち

研修の概要

研修日程

2024年6月18日(火曜)〜2024年6月19日(水曜)

研修期間(時間)

全2日(14時間)

受講料

22,000円

定員

30名

対象

管理者・新任管理者等

  • チームの生産性を高めたい方
  • 仕事の管理の仕方を身につけたい方
  • プロジェクトマネジメントを学びたい方

研修のねらい

仕事が複雑化する中、働き方改革を含め生産性の向上が大きく求められています。
本研修では、チームで成果を創出するための考え方(「計画」「コミュニケーション」「時間」「成果」)の視点で業務プロセスを改善・管理する方法を演習を交えて身につけます。また、自社に戻って実践し、組織的な活動として定着化させていくためのポイントを学びます。

研修の特長

  • メンバーの仕事の見える化と、経営資源(人・モノ・金・時間)の有効活用のしくみが分かります。
  • 日々の仕事を効率化する視点と変え方を実践的に学びます。
  • ワークを通じて、自社で取り組む際のイメージを持ち帰ります。

カリキュラム

6月18日(火曜)

9時20分〜9時30分

オリエンテーション

9時30分〜12時30分
(昼休憩1時間)

平井彩子講師

  • 成果に直結する仕事の進め方
    • 働き方改革、ワークライフバランスの目指すところ
    • 手段が目的化すると効率が悪くなる
    • 本来の業務とは何か、成果とは何か
    • 重要度と緊急度で考える成果
    • 仕事の量ではなく質を管理する
13時30分〜17時30分
  • 時間の管理
    • 時間意識を高めるだけで数時間は改善できる
    • 時間の使い方に目的を持つ
    • 時間を生み出す技術
    • 自分の時間の使い方を見直す

6月19日(水曜)

9時30分〜12時30分
(昼休憩1時間)

平井彩子講師

  • 計画の管理
    • ワークで学ぶ成果を出すための計画 
    • PDCAの実践
    • 5つの経営資源、QCDのバランスを考える
    • スケジューリング、タスク管理の考え方
13時30分〜17時30分
  • 成果の創出・成果の管理
    • 午前中のつづき
    • プロジェクト管理手法の検討
    • 成果を生み出す組織内コミュニケーションの重要性
    • 自社課題検討

講師プロフィール

平井講師イメージ

平井 彩子(ひらい さいこ)

所属・役職:
株式会社平井彩子事務所 代表取締役
略歴:
システム開発、コンサルティング会社を経て2012年に独立。人事評価制度の構築・運用、業務の改善を通じた組織活性化を主軸に活動。最近は、働き方改革、ダイバーシティ推進に向けた活動も多く、小手先の業務改善ではなく、従業員と経営者の意識改革をもって、企業が自走できる仕組みづくりから組織支援を実施。研修やセミナーは年間平均100日登壇し、個人の成長を支援。中小企業診断士。

備考

  • カリキュラムにつきましては、一部変更する場合がありますので予めご了承ください。

中小企業大学校 仙台校

電話番号(代表)
022-392-8811
FAX
022-392-8812
住所
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5

お問い合わせフォーム

アクセス

この大学校へのアクセス情報はアクセスページをご確認ください。

資料請求・お問い合わせ

資料請求、問い合わせはお問い合わせページをご確認ください。

ページの
先頭に戻る