関東本部内検索

令和のIT利活用セミナーを開催しました

中小機構関東本部は、2021年2月9日(火曜)に支援機関向けWebセミナーを開催いたしました。200名以上の方からお申込いただき、当日は200名弱の方にご参加いただきました。

【第1部】講演

埼玉県よろず支援拠点のIT利活用支援事例 「もう一歩踏み込んだ支援を目指して」

埼玉県よろず支援拠点チーフコーディネーター越智隆史氏
講師:越智隆史 氏

第1部では、講師に埼玉県よろず支援拠点の越智チーフコーディネーターをお招きし、Web会議ツールを活用したオンライン相談・セミナーの仕組みづくりや、事業者に対するIT利活用の支援事例など、コロナ禍に対応した埼玉県よろず支援拠点の取組みをお話しいただきました。

越智チーフからは、「ご相談者の中には、ITを活用したことにより劇的な成果が上がる『ウルトラC』を期待される方が少なからずいらっしゃる。しかし、このようなご相談者にも、根気よくコツコツとやることが効果に繋がるとハッキリ伝えることも、IT利活用の支援ではないか。」といった支援者としての考え方についてもお話しいただきました。

【第2部】パネルディスカッション

「IT利活用による伴走型支援のニューノーマルを考える」

【パネリスト】

  • 埼玉県よろず支援拠点チーフコーディネーター 越智隆史 氏
  • よろず支援拠点全国本部 中小企業支援AD 立石裕明 氏
  • 中小機構関東本部連携推進課 中小企業支援AD 藤本隆幸 氏
  • 中小機構関東本部連携推進課 中小企業支援AD 長澤秀幸 氏

【モデレーター】

  • 関東本部連携推進課 中小企業支援AD 古川忠彦 氏
当日のパネルディスカッション
パネルディスカッションの様子

第2部では、「もっと楽に、もっと感謝される支援をしよう」をキーワードに、「IT利活用も含め令和型・ニューノーマルの伴走型支援をどう考える?」など、4つのテーマについてディスカッションを行いました。リアルタイムでの質問も受け付け、各パネリストにはそれぞれの経験に基づき、自分自身の支援手法や想いについて熱く語っていただきました。

パネルディスカッションの最後には視聴者である支援機関の方々に向けて、パネリスト一人一人からメッセージをいただきました。立石アドバイザーからは、「今こそ支援機関の底力を出していただき、タッグを組んで、苦しんでおられる方々のご支援をお願いしたい」といったエールが送られました。

今回のテーマは、令和のIT利活用支援「伴走型支援のニューノーマルを考える」といったものでしたが、中小機構関東本部では、今後も同様のセミナーや、各地域で支援力向上のための講習会等を「地域支援機関等サポート事業」の枠組みの中で実施していく予定です。IT利活用支援だけでなくその他のお困りごとについても、一緒に解決策を探っていきますので、ご関心のある支援機関の皆様は、お気軽にお問い合わせください。

※セミナー動画は3月5日までYouTubeにて限定公開しています。閲覧希望の方は、下記お問い合わせ先までメールにてご連絡ください。

関東本部 連携支援部 連携推進課
Tel: 03-6459-0074
Mail: smrjkanto-support@smrj.go.jp(@を半角に変更してください)

関東本部便り!過去の活動報告

関東本部便り!