北陸本部内検索

菓子製造事業者のためのHACCP導入支援セミナー(7月16日)【開催報告】

中小機構北陸本部では、改正食品衛生法の施行(2020年6月)によるHACCP導入を円滑に進めていただくため、石川県の菓子製造事業者の皆様を対象に、7月16日にセミナーを開催しました。
中堅の菓子メーカーの経営幹部、工場長、製造責任者など、40名が参加いたしました。

概要

日時

2020年7月16日(木曜)13時30分~16時00分

場所

石川県南加賀保健福祉センター(石川県小松市)

参加者

40名

講師

全国菓子工業組合連合会 専務理事 吉田竹志氏

プログラム

  1. HACCPの制度化について
  2. 「HACCPに基づく衛生管理」と「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の違い
  3. 「HACCPを取り入れた菓子製造業における衛生管理計画作成の手引書」について
  4. 「菓子製品の高度化基準」について
  5. HACCP導入の流れ
  6. 質疑応答
  7. 中小機構の支援施策等について

受講者の声

  • HACCPを導入しているが、現場に十分に浸透していなかった。セミナーに参加して、課題が明確になった。チェック表等を活用して、改善を図っていきたい。
  • HACCP対応に課題を抱えており、対応のポイントが理解できた。
  • 菓子製造分野での確認項目がよく理解できた。現場で実践していきたい。
  • 生産性を高める中期的な経営課題の解決で、中小機構のハンズオン支援を活用していきたい。
画像:セミナー講師
全国菓子工業組合連合会 吉田専務理事が導入、運用のポイントを詳しく解説
画像:参加者
中堅の菓子メーカーの経営幹部、工場長、製造責任者など40名が参加