北海道本部内検索

「ロボット技術×ICTによる世界トップレベルのスマート農業」市民セミナー(2月6日開催)

「Society5.0時代を見据えた先駆的取組み」

岩見沢市では、Society5.0社会の到来を見据え、地域特性であるICT環境を用いながら「市民生活の質の向上」と「地域経済の活性化」をテーマとした施策を展開中にあります。

特に、基幹産業のひとつである農業の持続性確保に向けた取組みついては、内閣府「近未来技術等社会実装事業(2018年度~)」や農林水産省「スマート農業加速化実証プロジェクト(2019年度~)」選定のもと、市内生産者約200名にて構成する「いわみざわ地域ICT農業利活用研究会」や北海道大学大学院農学研究院、NTTグループ等の関連企業との産学官連携を図りながら、「スマート農業」に関する先駆的検証や普及啓発を進めています。

今回は、既に100件近くの視察・講演依頼等があるなど、海外からも注目される岩見沢市での取組みについて、市民との共有のもと新たなビジネス・チェーン創出や関連する人材の確保につなげるなど、岩見沢市が目指すSociety5.0社会「スマート・アグリシティ」の具現化に向けた市民セミナーを開催するものです。

概要

日時:

令和2年2月6日(木曜)14時00分~16時30分

場所:

岩見沢市自治体ネットワークセンター4階 マルチメディアホール
(JR岩見沢駅隣接)

対象者:

農業者、IT・農業機械関係企業、農業関係団体、
学生や新しい形の農業に関心のある方等
※岩見沢市民以外の方も参加できます。

定員:
100名
参加費:

無料(お気軽にご参加ください!)

主催・後援・協力:

主催 中小企業基盤整備機構北海道本部
後援 岩見沢市、JAいわみざわ、いわみざわ地域ICT(GNSS等)農業利活用研究会
協力 国立大学法人北海道大学、日本電信電話(株)、東日本電信電話(株)、(株)NTTドコモ

カリキュラム

  • 開会挨拶(ガイダンス含む)(14時00分~14時10分)
  • 講演(1)「スマート農業技術の最新動向(仮題)」(14時10分~14時40分)
    北海道大学大学院農学研究院 准教授 岡本 博史氏
  • 講演(2)「岩見沢市におけるスマート農業の取組み(仮題)」(14時40分~15時10分)
    いわみざわ地域ICT(GNSS等)農業利活用研究会 会長 西谷内 智治氏
  • 講演(3)「スマート農業加速化実証プロジェクトの取組みについて(仮題)」(15時10分~15時30分)
    岩見沢スマート農業コンソーシアム (株)スマートリンク北海道 常務取締役 小林 伸行氏
  • 紹介「スマート・アグリシティを目指す産学官連携プロジェクト」(15時40分~16時10分)
    岩見沢市企画財政部 次長 黄瀬 信之氏
    北海道大学大学院農学研究院 准教授 岡本 博史氏
    東日本電信電話(株)ビジネスイノベーション部 部長 澤出 剛治氏
  • 質疑応答(16時10分~16時30分)

お申し込み・お問い合わせ

参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX又はE-mailにてお申し込みください。(先着順受付)
申し込み期限 令和2年2月5日(水曜)
お申し込み・お問い合わせ先 中小機構北海道本部 企画調整課 担当:小林
TEL:011-210-7470
FAX:011-210-7480
E-mail:hokkaido@smrj.go.jp(@を半角に変更してください)

チラシ・参加申込書 (990KB)