北海道本部内検索

地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019(12月9日開催)

「農業を核として、地域で稼ぐ新たな産業の創出を!」

北海道農業は、農家数の減少や就業者の確保に大きな課題を抱え、海外との競争、農業政策、気象問題、消費者ニーズ等、大きな変化の中にあります。しかし、北海道において農業は、地域を維持していくうえで欠くことができない産業であり、このような状況の中から、これからの北海道農業を改革・強化していくためには、他産業の企業力を取り込み、行政のバックアップを得て、連携による新たなプロジェクト創出に取り組む必要があるのではないでしょうか?

本セミナーでは、北海道農業が地域において果たす役割の重要性を再認識し、農業を核として地域に波及する新しい産業プロジェクトの創出に取り組む先進事例をより掘り下げて検証し、農業と、企業・行政が連携した新たな地域活性化プロジェクトの創出について考えます。

概要

日時:

令和元年12月9日(月曜)14時00分~17時20分
17時30分から交流会(有料・参加任意)

場所:

TKP札幌駅カンファレンスセンター2階(ルーム2B)
(札幌市北区北7条西2丁目9)

対象者:

地域農業について考える農業者、企業や自治体関係者等、北海道農業との連携による新たなプロジェクト展開に関心のある方

定員:
50名
参加費:

無料
※交流会は会費500円

主催・後援:

主催 中小企業基盤整備機構北海道本部
後援 北海道経済産業局、農林水産省北海道農政事務所、北海道

カリキュラム

  • 開会挨拶(14時00分~14時05分)
  • イントロダクション「農業を核とした新プロジェクトの必要性と可能性」(14時05分~14時55分)
    (株)GB産業化設計 代表取締役 岩井 宏文氏
  • 事例1「農泊や企業研修など新しい業態に挑戦する農業者の取組」(15時00分~15時40分)
    えづらファーム 代表 江面 暁人氏
  • 事例2「肉牛農家による経営安定化に向けた取組」(15時40分~16時20分)
    (有)コスモス 代表取締役 安藤 智孝氏
  • 事例3「収益性の高い農業を目指す農業者の取組」(16時30分~17時10分)
    (有)東條産業 代表取締役 東條 真澄氏
  • まとめ(17時10分~17時20分)
    (株)GB産業化設計 代表取締役 岩井 宏文氏
  • 交流会(17時30分~18時30分)
    ※参加任意

お申し込み・お問い合わせ

参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX又はE-mailにてお申し込みください。(先着順受付)
申し込み期限 令和元年12月6日(金曜)
お申し込み・お問い合わせ先 中小機構北海道本部 人材支援課 担当:小林
Tel:011-210-7475
FAX:011-210-7480
E-mail:hokkaido@smrj.go.jp

チラシ・参加申込書 (832KB)