中部本部内検索

ものづくり支援セミナー第3回「新製品開発」(開催日:12月12日)

中部地域には自動車関連産業等を支えるものづくり中小企業が多く集積していますが、ビジネス環境が大きく変化する今、中小企業が生き残っていくためには、変化に対応できる経営戦略と生産現場の力の向上が欠かせません。
そこで、愛知・岐阜・三重のものづくり中小企業の経営者層を対象に、経営に必要となる体系的な知識の習得とその実践による効果等について、支援事例を交えて解説する全4回のセミナーを実施いたします。
今回は「新製品開発」をテーマとして、第3回目のセミナーを開催します。
セミナー後には個別相談会も実施いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

日時

平成30年12月12日(水曜)13時30分~17時00分(開場13時)

場所

ミッドランドホール 会議室A(名古屋市中村区名駅4-7-1)

対象・定員

中小企業の経営者・経営幹部の皆様 40名 (先着順)

主催

中小機構中部本部

後援(予定)

(公財)あいち産業振興機構、(公財)岐阜県産業経済振興センター、(公財)三重県産業支援センター

プログラム

13時30分~13時45分
挨拶、中小機構の支援施策紹介
13時45分~15時45分

講演「新製品開発プロセスの確立と技術開発支援制度の活用」

講師:小笠原宏 氏
(中小機構ものづくり支援コーディネーター)

内容:
「魔の川」「死の谷」「ダーウィンの海」を乗り切り、継続的に新製品を開発していくことが、ものづくり企業の成長には欠かせません。これを実現するためには開発プロセスを確立することが重要です。具体的事例を交えてわかりやすく解説します。また、新製品開発のための資金調達、技術力向上、早期の事業化、人材の採用において有効な「サポイン」制度についてもご紹介いたします。

16時00分~17時00分
個別相談会(1社30分予定、希望者のみ、事前予約制)

講師プロフィール

小笠原宏 氏

民間企業にて40年間、エアコンや冷凍機に関連した技術開発・新製品開発を担当。退職後、中小企業診断士として独立し、中小機構のものづくり支援コーディネーター、経営支援アドバイザーとして、製造業を中心とした中小企業への支援を行っている。

募集案内・FAXでのお申込み

募集案内・参加申込書 (678KB)

ホームページからのお申込み

セミナー申込みフォーム(SSL対応) 

お問い合わせ

中小機構 中部本部
経営支援部 経営支援課
セミナー担当
Tel: 052-220-0516
Fax: 052-220-0517
Mail: info-chubu@smrj.go.jp