東京校内検索

No.11
低コストで始める!ITサービス導入による業務効率化

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2021年9月1日(水曜)
~2021年9月2日(木曜)
研修期間(時間)
全2日(14時間)
受講料
22,000円
定員
20名
対象
管理者, 新任管理者
ITを活用した業務効率化に関心がある方
場所
東京校

研修のねらい

新型コロナウイルスの流行や働き方改革の推進を背景に、中小企業は業務効率化やテレワーク導入等が喫緊の課題となっています。しかし業務効率化やIT化の必要性を感じつつも、現状では出社を必要とする業務や、出社しないとアクセスできない情報が多く存在し、対応に二の足を踏んでいる中小企業が多く存在しています。
この研修ではそれらの課題に対応するため“低コストで始められるITやクラウドサービス”を活用した解決方法や、その導入方法について学びます。

研修の特長

  • アフターコロナ・テレワーク時代に向けて、低コストで利用できるIT・クラウドサービスを活用した業務効率化の方法を学びます。
  • 実際のIT・クラウドサービスに触れてみることで、使い方やメリットを理解します。
  • 登壇する事例企業の取組を参考に、自社でのサービス導入方法を検討します。
  • 自社に適したIT・クラウドサービスを1つでも検討し、業務効率化の「はじめの一歩」を踏み出せるようにします。

カリキュラム

9月1日(水曜)

9時20分~9時40分

オリエンテーション


9時40分~11時10分

新しい働き方の必要性

内容:

中小企業を取り巻く労働環境とITやクラウドサービスの持つ可能性について説明します。

  • コロナ禍の自社の働き方について
  • 働き方を変えていく必要性について
  • 場所を選ばない働き方のメリット

11時10分~12時40分

業務を効率化するIT・クラウドツールの紹介

内容:

中小企業でよく利用されている業務を効率化するIT・クラウドのサービスを紹介します。


13時40分~17時40分

企業規模別に見るIT・クラウドサービスを活用した働き方改革企業の例

内容:

事例企業に自社の取組をお話しいただきます。

  • 事例企業の取組、働き方の紹介と解説
  • 実際に利用しているクラウドサービスの紹介
  • 働きやすさや、感じるメリットについて
  • サービスの導入方法や導入時の苦労

9月2日(木曜)

9時40分~11時10分

プロジェクト管理ツールを体験する(演習)

内容:

無料で利用できるサービスのアカウントを作成し、実際に体験してみます。


11時10分~12時40分

ITサービスの導入方法(講義)

内容:

自社でIT・クラウドサービスを導入する際の手順やポイントを解説します。

  • 推進体制の構築
  • 目的の明確化
  • 運用ルールの設定
  • 社内周知方法の検討

13時40分~16時40分

自社課題を解決するためのサービス導入の検討(演習)

内容:

自社課題を解決するためITサービスの導入計画について検討します。


16時40分~17時40分

班内共有・全体発表


17時40分~17時50分

修了証書の授与


講師プロフィール

杉本 勝男

杉本 勝男
(すぎもと かつお)
スキャンマン株式会社 代表取締役

名古屋工業大学在学中の2009年に愛知にて電子書籍プラットフォーム事業の会社を設立。その後2012年7月に上京し、現在の派遣型スキャン代行サービス事業の立ち上げ後、2013年8月にスキャンマン株式会社設立。スキャンマン株式会社では数多くのクラウドツールを活用し、アルバイトを含む約50名のスタッフを1人総務で管理。電話の取次ぎから案件管理までバックオフィス業務をこなしている。自社での取り組みを活かし、2019年4月にSaaSに特化した情シスの代行サービス、クラウドシフト事業開始。

詳しくはスキャンマン株式会社ホームページをご覧ください。

スキャンマン株式会社ホームページ 


青木 照護
()
株式会社ノーリツイス 代表取締役

1947年創業の愛知県弥富市にて、オフィス家具を開発製造している純国産メーカー。オフィスチェアを中心としたオフィス備品について、開発から製造販売まで一貫した事業を展開。既存の設備やノウハウを活かして、医療関係、工場関係、教育関係などのチェア及び備品も取り扱う。2020年に家具を主体としたものづくりのコミュニティープラットフォーム「1518(イチゴイチハチ)」設立。

加藤 千加良
()
大成株式会社

1959年創業。ビルオーナーの最適なパートナーとして、清掃・設備管理・警備などのビル管理・ビルメンテナンスを中心に、プロパティマネジメントや改修工事など総合ビルサービスを提供。ビルや施設に対する新たな付加価値を提供するサービスとして、屋内自動飛行ドローンを利用した社員健康管理サービス「T-FREND」や、アバターを通じて、遠隔で受付応対業務が可能なバーチャル受付システム「T-Concierge」、アバター警備ロボット「ugo」などを展開。

備考

  • カリキュラムは都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

申し込みから受講までの流れ

初めて研修を受講される方は、以下のページもご覧ください。

申し込みから受講までの流れ

お問い合わせ

中小企業大学校東京校 企業研修課
Tel: 042-565-1207
Fax: 042-590-2685