東京校内検索

No.16
テレワーク業務の考え方・進め方

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2021年6月8日(火曜)
~2021年6月10日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
32,000円
定員
25名
対象
管理者, 新任管理者
・テレワークの導入を検討している方
・テレワークを導入したが機能していない方
・テレワークツールを体感したい方
場所
東京校

研修のねらい

新型コロナウィルス対応の「新しい生活様式」下で、経営の在り方は大きく変化しています。その動きの一つとして、不要不急の外出を押さえるために、多くの企業でテレワークが導入されています。一方、テレワークを導入したいがどのようにすればよいのかがわからない企業も多く、テレワーク導入の前提とした体制づくりも理解が必要です。
本研修では、テレワーク導入の際に「チームリーダー」に必要な知識に加え、テレワーク時代のチームにおける仕事の分担・進め方などの仕事の管理方法を習得します。また、有用な業務の洗い出しと適用の仕方や、テレワーク時代に活用できるコミュニケーション術について学びます。さらに、事例研究により理解を深めた上で、自社で取り組むべき施策を検討します。

研修の特長

  • 自社やチームにおけるテレワーク業務の洗い出しと実施方法を検討し、生産性向上・効率UPをめざします。
  • テレワーク環境下におけるコミュニケーションの手法を、事例と演習で学びます。
  • テレワーク初心者の方でもクラウドツールを体感しながら学びます。

カリキュラム

6月8日(火曜)

9時20分~9時40分

オリエンテーション


9時40分~10時40分

テレワークの必要性

内容:

テレワーク導入の必要性について学ぶとともにテレワークの導入による効果や適用できる業務について学びます。 また、テレワークにおけるチーム内コミュニケーションについて理解します。

  • テレワーク導入の必要性と適用業務
  • テレワークにおけるチーム内コミュニケーション
  • テレワークの他社活用事例

10時40分~17時40分
(昼休 12時40分~13時40分)

テレワークで活用できるITツール(演習)

内容:

テレワークに活用できる様々なITサービスについて、事例を参考にしながら使い方を学びます。

  • テレワークに使えるクラウドサービス(予定ツール名:webex-meetings google-jamboard trello chatwork)
  • クラウドサービスの活用事例
  • 演習(クラウドサービスを使ってみる)

6月9日(水曜)

9時20分~14時20分
(昼休 12時20分~13時20分)

自社業務の棚卸及びテレワークへの適用(演習)

内容:

既存の業務からテレワークで実施すべき業務を抽出し、どのようにテレワーク業務として適用するかを検討します。

  • 既存業務の明確化
  • 既存業務におけるテレワーク適用業務の特定
  • テレワークで実施するための業務の取組み方について検討

14時20分~17時20分

テレワーク時代のコミュニケーション

内容:

従来の対面型コミュニケーションを振り返り、テレワーク時代に変化するコミュニケーションを理解します。

  • 従来のコミュニケーション(言語・非言語、話の組立、言葉遣い、見た目、ミラーリング等の技法、他)
  • テレワーク時代のコミュニケーション(情報の共有と取り扱い、公私の区分、ツールの活用、他)演習(コミュニケーション手法・ヒアリング・ライティング)

6月10日(木曜)

9時20分~17時20分
(昼休 12時20分~13時20分)

テレワーク導入計画の策定(演習)

内容:

これまで学んだことや、自社・自宅環境の整備に関する留意事項を踏まえたうえで、自社/チームでのテレワーク導入計画の策定に取り組みます。

  • 法的リスク、管理方法の整備(就業規則)
  • テレワーク実施に向けたハードウェア等の整備/ハード(ネット回線、ノートPC)/健康器具(椅子、机、マイク、ヘッドホン等)
  • 自社/チームへのテレワーク導入計画の策定・発表(目的の設定、適用業務の確定、利用するクラウドサービスやツールの選定、適用のタイミングとルールの設定)

17時20分~17時30分

修了証書の授与


講師プロフィール

岩岡 博徳

岩岡 博徳
(いわおか ひろのり)
東洋大学大学院経営学研究科 教授、株式会社カレッジフェイス 代表取締役

1973年生まれ。横浜市立大学商学部経営学科卒業、東京都立大学大学院経営学修士(MBA)。中小企業診断士、ITコーディネータ、東洋大学大学院特任教授。総合電機メーカー系商社で経営企画などに従事し、2004年に経営コンサルタントとして独立開業、2008年に法人化し代表取締役に就任した。自社でのマネジメント改革を通し、ITによる業務効率化や事業計画策定、PDCA型マネジメント導入を得意とする。現在は事業承継を行い、省庁や都県等の公的機関、金融機関を通して数多くの中小企業支援を行っている。

備考

  • カリキュラムは都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

申し込みから受講までの流れ

初めて研修を受講される方は、以下のページもご覧ください。

申し込みから受講までの流れ

お問い合わせ

中小企業大学校東京校 企業研修課
Tel: 042-565-1207
Fax: 042-590-2685