東京校内検索

No.39
成長性と安全性を両立させる設備投資・経営意思決定の着眼点

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
  • 7月より安全対策を実施し、研修を開始します。
受付中
研修日程
2021年2月16日(火曜)
~2021年2月18日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
32,000円
定員
25名
対象
経営者, 経営幹部
・財務の視点から経営判断力を高めたい方
・設備投資(設備や不動産の購入)等、経営上の意思決定に関わる方
場所
東京校

研修のねらい

企業の経営活動においては、様々な局面で意思決定を行っていかなければなりません。特に、設備投資等、投資に係る意思決定は、マネジメント上の重要な要素です。本研修では、これら投資判断をするための材料として、資金調達から投資回収における実際の企業活動と財務上の数値変化を関連づけて考えることのできる「計数感覚」の視点からアプローチします。売上拡大策や設備投資等の意思決定の影響を、図解や数値例によって理解することをとおして、成長性と安全性を両立させる意思決定の考え方を学びます。

研修の特長

財務分析に関する基本的な知識について習得していることを前提に、会計の仕組みと決算書の本質について講義をとおして確認し、実践的な設備投資計画の作り方を学びます。設備投資計画づくりの考え方を、他の重要な意思決定に応用して、成長性と安全性を両立させるポイントを整理し、企業経営の継続的な成長を目指します。

カリキュラム

2月16日(火曜)

9時00分~9時20分

オリエンテーション


9時20分~12時20分

会計の基本と決算書の本質

内容:

会計の基本的な仕組みと企業活動が決算書の数値に与える影響を学ぶことにより、決算書の本質を理解します。


13時20分~17時40分

固定資産の仕組み

内容:

固定資産取得や資金調達が財務数値に与える影響を基本から理解します。

  • 投資収支の仕組みと減価償却

2月17日(水曜)

9時20分~15時20分
(昼休 12時20分~13時20分)

成長性と安全性を両立させるための要素

内容:

設備投資や固定資産の取得について、様々な事例の数値例で学ぶことにより、危機を回避・軽減する経営財務の考え方を理解します。【手計算での演習による内容の理解】

  • 高い目標と控えめな予想
  • 実は財務管理上危険な代表格
  • 資金調達の良否の考え方

15時20分~17時40分

経営意思決定の種類

内容:

企業経営における判断局面を、短期的視点と長期的視点から理解します。

  • 経営学の経営意思決定と中小企業の経営意思決定

2月18日(木曜)

9時20分~15時20分
(昼休 12時20分~13時20分)

成長性と安全性を両立させるための実践

内容:

設備投資や固定資産の取得について、PCを使用した様々な数値例によって投資と資金収支の変化を理解し、投資判断の留意点を理解します。【PCでの演習による数値変化の理解】

  • 将来の不確実性を考慮する計画検討方法
  • 利益が増加することで、資金繰りが逆に悪化してしまう要因と仕組み
  • 不確実性が大きい設備投資 「可能な場合」と「避けるべき場合」

15時20分~16時40分

経営意思決定の留意点のまとめ

内容:

研修のまとめとして、利益計画と資金計画の役割を理解することで、実際に自社の経営戦略を検討する際の留意点を整理します。

  • 自社で取り組むべきことの整理

16時40分~16時50分

修了証書の授与


講師プロフィール

長尾 義敦

長尾 義敦
(ながお よしあつ)
長尾公認会計士事務所 代表

公認会計士 平成14年公認会計士試験合格後、朝日監査法人(現 あずさ監査法人)に約11年間勤務。主として、事業再生支援、M&A支援、法定監査、外部・内部研修講師等の業務を行う。平成26年 長尾公認会計士事務所として独立。事業再生、経営改善計画策定支援、事業承継、M&A支援等、幅広い分野で活躍している。研修講師としても、経営改善計画策定支援研修、経営者研修、支援機関向け研修等、豊富な研修実績を有する。

松藤 悠
(まつふじ ゆう)
松藤公認会計士事務所 代表

公認会計士 平成13年公認会計士試験合格後、朝日監査法人(現 あずさ監査法人)に約12年間勤務。主として、株式公開支援、M&A支援、法定監査、外部・内部研修講師等の業務を行う。平成25年松藤公認会計士事務所として独立。株式公開支援、M&A支援、内部統制構築支援、幅広い分野で支援実績を有する。

備考

  • 研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2,500円程度)を開催する予定です。
  • カリキュラムは都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

お問い合わせ

中小企業大学校東京校 企業研修課
Tel: 042-565-1207
Fax: 042-590-2685