東京校内検索

No.50
若手社員に対するOJT講座

  • 必ず詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 研修によっては、大学校以外で開催のコースや、連続していない日程のコースがあります。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
受付中
研修日程
2019年12月2日(月曜)
~2019年12月3日(火曜)
研修期間(時間)
全2日(14時間)
受講料
22,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
・仕事のやり方を見直したい方
・新たに部下・後輩を指導する方
・若手社員教育のあり方を学びたい方
場所
東京校

研修のねらい

人材の確保と育成が課題となる中小企業においては、組織の価値観を理解し主体的に行動できる「自律型人材」を育成することが重要です。
本研修では、自身の仕事のやり方を改めて見直すとともに、若手社員への仕事のやり方を理解させるだけではなく、業務への取り組みを通じて「自律型人材」へと成長する効果的なOJTの進め方を学び、今後の若手社員の育成方法を明確化します。

研修の特長

  • 「仕事のできる人材」になるための行動原則が学べます。
  • 若手社員を「仕事のできる人材」に育てるスタンスやポイントが学べます。
  • 若手社員育成の方法を明確化します。

カリキュラム

12月2日(月曜)

9時20分~9時40分
オリエンテーション

9時40分~17時40分
(昼休 12時40分~13時40分)
自律型人材を目指して 「仕事のできる人材」になるには
内容:
若手社員の思考・行動パターンを考察し、彼らが陥りがちな失敗=「間違った努力」を理解します。その上で「仕事のできる人材」になるための行動原則や実践法を学びます。
  • "種目としての″「勉強」と「仕事」の違い -仕事の正体を探る-
  • 仕事のできる人材となる「7つの行動原則」
  • 自律型人材となるための実践法とセルフチェック【演習】

12月3日(火曜)

9時20分~17時20分
自律型人材を育てる効果的な進め方【演習】
内容:
若手社員を「仕事のできる人材」に育てるために必要な考え方、コミュニケーションやアプローチの仕方を学び、今後の若手社員の育成方法を明確化します。
  • 育て上手になるための考え方
  • 教わる側から逆算で考える効果的なコミュニケーション
  • OJTのあり方・進め方
  • 若手社員の育成方法検討

17時20分~17時30分
修了証書の授与

講師プロフィール

堀田 孝治
(ほった こうじ)
クリエイトJ株式会社 代表取締役

1989年味の素(株)に入社。営業、マーケティング、“休職”、総務、人事、広告部マネージャーを経て2007年に独立。2年目には170日/年の研修を行う人気講師になる。現在は自身の「失敗」体験をベースに開発した「7つの行動原則」に集中し、若手社員教育に携わっている。
著書『入社3年目の心得』『自分を仕事のプロフェッショナルに磨き上げる7つの行動原則』他

備考

  • 研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2,500円程度)を開催する予定です。
  • カリキュラムは都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。
  • 表示の受講料は、消費税率改定後の税込み金額となります。

お問い合わせ

中小企業大学校 東京校企業研修課
Tel: 042-565-1207
Fax: 042-590-2685
Mail: to-kenshu@smrj.go.jp