四国キャンパス内検索

No.114
(会場変更)新市場にアプローチする考え方と営業手法

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2021年2月17日(水曜)
~2021年2月18日(木曜)
研修期間(時間)
全2日(14時間)
受講料
22,000円
定員
20名
対象
経営者, 経営幹部, 管理者
・販路開拓を計画する方
・新市場進出のノウハウを学びたい方
・顧客に届く営業手法を学びたい方
場所
高知商工会館 4階 光の間

研修のねらい

今までの営業手法で対応してきた得意先も、条件面での厳しさが増したり、需要の先細りの懸念が生じたりと、新たな取引を開拓する必要性が高まっています。とはいえ、新市場への進出はリスクが高く、どのように進めるべきか多くの企業が頭を悩ませています。
この研修では、リスクを抑えながら一歩ずつ確実に新市場にアプローチするために、マーケティングの考え方を活用して、受講各社の現状分析を行うと共に、自社の強みを活用して顧客に響く価値を創造する考え方や、実践するための取組に至るまで、受講各社毎の演習を通じて一緒に考えます。

研修の特長

  • 自社の強みと市場機会を組み合わせる考え方が身につきます。
  • 演習を通して顧客に響く価値を創造する手法が身につきます。
  • 自社商品を実際に新市場に営業する際のポイントが身につきます。

カリキュラム

2月17日(水曜)

9時45分~10時00分

開講式・オリエンテーション


10時00分~12時30分

新市場アプローチの基本的考え方

内容:

新市場に参入する際の全体の流れを、現状分析・戦略策定と事業計画、計画実行・検証の各段階に分けてポイントを説明します。


13時30分~15時00分

【演習1】現状分析

内容:

各社の現状を内部環境(強み・弱み、商品、組織、その他)と外部環境(顧客・競合・その他)に分けて抽出し明確化していきます。


15時15分~17時30分

【演習2】現状分析からの対応策策定

内容: 演習1で明確になった自社の強みと弱みに応じた対応策を検討していきます。

17時30分~18時00分

本日のまとめと明日の準備

内容: 本日の振り返りを行い、ポイントの再確認と今回のセミナーのハイライトである明日の進め方の説明を行います。

2月18日(木曜)

9時00分~12時30分

【演習3】各対応策の顧客価値創造と各社の営業戦略構築

内容:

演習2の対応策を顧客価値に焦点を当てて改善していきます。それらを、さらに内部環境・外部環境を考慮した営業戦略シートに落とし込んでいきます。


13時30分~15時00分

【演習4】各社からのプレゼンテーション

内容:

演習3でまとめた営業戦略シートを各社より発表して頂き、全体とのディスカッションでさらに改善していきます。


15時15分~17時00分

【演習5】新市場の市場調査と営業活動の進め方

内容: 想定されるターゲットとなる新市場毎の市場調査の進め方と今後の営業活動のチェックポイントを作成していきます。

17時00分~17時15分

終講式・修了証書の授与


講師プロフィール

生駒 朋己
(いこま ともみ)
MTIフードデザイン研究所 代表

広島県生まれ。1980年伊藤ハム入社後、営業・販売・商品企画・調達・事業戦略と様々な部署を歴任。
特に商品企画時代には、大ヒットを連発。新たな挑戦のため独立し、2016年MTIフードデザイン研究所創業、2018年中小機構近畿本部にてチーフアドバイザー就任、現在に至る。
この15年は、ほぼ毎月四国企業の支援を行っている。

中内 佑香
(なかうち ゆか)
株式会社ブリリアンス・クリエイション 代表取締役

高知市生まれ。高知銀行、アパレルメーカー取締役を経て2009年(株)ブリリアンス・クリエイション設立、モノづくり企業の販売戦略のサポート、ビジネスマッチングを多数手がける。2018年からは中小機構近畿本部にて数少ない女性アドバイザーとして現在も幅広く企業支援に携わっている。

備考

  • カリキュラムは都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 当大学校の研修は人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

お問い合わせ

中小機構 四国本部 人材支援課
Tel: 087-811-1752
Fax: 087-811-3070