瀬戸校内検索

No.9
会計情報活用講座 【名古屋】

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2021年6月4日(金曜)
研修期間(時間)
1日(6時間)
受講料
16,000円
定員
25名
対象
経営者, 経営幹部
・会計情報を経営に活かしたい方
・管理会計の基本を学びたい方
・収益性改善の方法を知りたい方
場所
名古屋国際センター 

研修のねらい

中小企業を取り巻く経営環境の不確実性が増す中、コロナショックのような状況に見舞われても企業を維持・発展させていくためには、自社の経営状況を正確に把握し、会計情報を意志決定に活かして経営課題解決に取り組み、利益を生み出すことが重要です。
本研修では、会計情報から経営課題を可視化して現状を客観的に把握することの重要性や、会計情報を自社経営に活用する視点を身につけます。また、現状の財務構造からどのようにして収益性を改善するのか、演習を交えて学びます。

研修の特長

  • 会計情報が経営にどう活かせるかを学べます。
  • 損益・収支分岐点の基本が学べます。
  • 会計情報を活用した収益改善の方法が学べます。

カリキュラム

6月4日(金曜)

9時50分~10時00分

開講式・オリエンテーション


10時00分~11時00分

管理会計の基本

講師: 株式会社 ネットワーク経営広島 代表取締役社長  生塩 千秋

内容:

会計情報を経営に活用するための、管理会計の基本を理解します。

  • 管理会計の重要性
  • 管理会計の考え方(部門別・商品別・地域別・取引先別)

11時00分~16時00分

会計情報の見方と分析のポイント

講師: 株式会社 ネットワーク経営広島 代表取締役社長  生塩 千秋

内容:

会計情報の見方・分析ポイント、損益・収支分岐点分析手法をモデル決算書を用いて学びます。

  • 会計情報の見方・分析ポイント(B/S、P/L、C/F、利益・資金計画)
  • 収益構造の把握と損益・収支分岐点分析の基本(演習)

16時00分~17時00分

会計情報の活用と管理方法

講師: 株式会社 ネットワーク経営広島 代表取締役社長  生塩 千秋

内容:

モデル決算書の分析結果をヒントに、収益性を改善する方法や会計情報を活用するための管理方法を学びます。

  • 現状分析結果を活かした改善の方法(演習)
  • 会計情報を活用するための管理手法

17時00分~17時10分

閉講式


講師プロフィール

生塩 千秋
(うしお ちあき)
株式会社ネットワーク経営広島 代表取締役社長

会計事務所勤務の後、株式会社ネットワーク経営広島の取締役に就任。2018年から同社の代表取締役。
全日本能率連盟創造経営コンサルタントの職にあり、財務、税務、組織診断の専門コンサルタントとして中小・中堅企業の改善を現場で指導。また、学校法人での財務分析の講義、商工会議所等の講演活動などで幅広く活躍中。

受講者の声

  • 規範経常利益が難しかった。自社の決算書に基づき復習してみます。
  • 全般にわたって、わかり易かったです。
  • 大変勉強になりました。ありがとうございました。

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
お問い合わせフォーム