瀬戸校内検索

No.15
経営者・経営幹部のための外国人材活用講座【名古屋】

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2020年7月16日(木曜)
研修期間(時間)
1日(7時間)
受講料
16,000円
定員
20名
対象
経営者, 経営幹部, 管理者
場所
名古屋国際センター 5階 第1会議室

研修のねらい

2019年4月の改正入管法施行により、対象14業種について在留資格「特定技能」が新設され、今後5年間で34.5万人の外国人材受入れが見込まれています。これら14業種では、深刻化する人手不足への対応策のひとつとして、新資格外国人材の活用が期待されています。
本研修では、「特定技能」「技術・人文知識・国際業務」「高度人材」「技能実習」等の在留資格それぞれの特徴と違いを明らかにするとともに、採用から労務管理にわたる具体的な対応方法を事例を交えて学びます。これらを踏まえ、自社における外国人材採用のメリット・デメリット、リスクと解決すべき課題を整理し、具体的行動計画へ展開することで経営力強化に結びつけます。

研修の特長

  1. 外国人材の活用について、関連する資格体系や制約事項、知っておくべき法的知識を学ぶことができます。
  2. 各社の属する業種において活用できる在留資格を整理認識できます。
  3. 外国人材の募集・採用から労務管理について学ぶことにより、外国人材の円滑な活用につなげることができます。
  4. 講義とグループ討議の組み合わせにより、「外国人材採用における自社の現状と課題を明らかにする」ことで、外国人材活用への自社の行動計画を作成します。

カリキュラム

7月16日(木曜)

9時20分 ~9時30分

開講式・オリエンテーション


9時30分 ~10時00分

特定技能制度について

講師: 法務省出入国在留管理庁 名古屋出入国在留管理局 就労第二部門 統括審査官  松岡 優

内容:

新たな在留資格「特定技能」について、その制度概要を解説します。


10時00分~12時00分

経営力強化のための外国人材活用方法

講師: みなと行政書士法人  代表社員・行政書士  森田 英樹

内容:

日本の雇用状況と外国人材活用の必要性
日本の雇用状況の現状と展望、ならびに人手不足解消の一手としての外国人在留者の現状について再認識します。

  • 日本の雇用状況(求人状況)の推移
  • 雇用状況の展望

外国人材雇用の制度について((1)制度の概要と現状)
日本における外国人材在留資格制度の内容を理解し、中小企業として活用できる各種在留資格の就労への理解を深めます。

  • 外国人材雇用の概要と現状
  • 身分に基づき在留するもの、専門的技術分野、特定活動、特定技能(1号、2号)、技能実習、その他
  • 業種により活用できる在留資格が異なることを理解する

外国人材雇用の制度について((2)メリット・デメリットと留意点)
中小企業の外国人材活用に際し、各在留資格におけるメリット・デメリットと留意すべき点を理解するとともに、企業側が遵守すべき内容を理解します。

  • 技能実習と特定技能制度、その他外国人材の活用
  • 各制度における成功事例、および失敗事例

各制度における外国人材の募集・採用方法
各雇用制度における外国人材の採用方法とその留意点を理解します。

  • 各制度における具体的な募集・採用方法と留意点
  • 採用の成功例・失敗例

13時00分~14時00分

外国人材の人材育成と労務管理

講師: 伊東真文社会保険労務士事務所 所長  特定社会保険労務士  伊東 真文

内容:

外国人材採用後の人事・労務管理
外国人材の各雇用制度による労務費の決定方法、職場における労務管理方法と労務問題発生防止への留意点を理解します。

  • 各制度における評価と賃金
  • 職場における労務管理とその留意点

外国人材の育成のポイント
モチベーションを高く維持し、採用企業が得るアウトプットを最大化するための外国人材育成の要点を理解します。


14時00分~15時00分

外国人材を活かす経営者の心構え

講師: 登録支援機関 ARMS株式会社 取締役副社長  魏 国清

内容:

外国人材の能力を活かすも殺すも経営者次第

  • 雇ってやるではなく、来て貰っているの心が必要
  • 大手より中小の方が旨く行っている!(何がキーポイントか?)

15時00分~17時30分

自社に合った外国人材の活用方法を考える

講師: みなと行政書士法人  代表社員・行政書士  森田 英樹
伊東真文社会保険労務士事務所 所長  特定社会保険労務士  伊東 真文

内容:

自社の現状を整理し、外国人材活用への問題点・課題を明確にします。

  • 自社の現状と外国人材活用計画への課題整理
  • 共通課題の整理
  • 自社の行動計画案作成と意見交換

17時30分~17時40分

閉講式


講師プロフィール

森田 英樹
(もりた ひでき)
みなと行政書士法人 代表社員 行政書士

平成26年開業後、外国人材ビザ申請業務を企業や外国人より受託し、企業の外国人材活用を強力にサポートしている。また、建設業各種許可申請等の各種申請においても強みを発揮し、顧客企業から高い信頼を得ている。


伊東 真文
(いとう まさふみ)
伊東真文社会保険労務士事務所 所長 特定社会保険労務士

平成25年開業後、顧客企業の「制度」「風土」つくりを通し働き易く定着率の高い職場つくりを支援している。また、助成金の活用や各種手当金、年金についてもサポートを展開している。


魏 国清
(ぎ こくせい)
登録支援機関 ARMS株式会社 取締役副社長

外国人材訓練(特に技能実習生)を受入れ先企業から請負実施する事業を展開している。顧客企業からは、大きな信頼を得て事業拡大中である。特定技能資格の新設にあわせ特定技能者登録支援機関として登録し、技能実習生と特定技能者双方の研修事業を展開している。

受講者の声

  • 比較的、知識のないものにも、かみくだいてお話し下さったので、概要が分かってきました。
  • 実務に精通した講義でわかりやすかった。
  • 外国人も日本人も同じ基準が必要であること。また、社内で未整備のところを見直す注意点を教えて頂けてよかったです。
  • メリット・デメリット、留意点がよくわかった。
  • 今後の営業活動に活用したいと思いました。

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
お問い合わせフォーム