瀬戸校内検索

No.1
(日程変更)外国人材のビジネススキル強化講座【名古屋】

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2020年10月1日(木曜)
~2020年10月2日(金曜)
研修期間(時間)
全2日(12時間)
受講料
22,000円
定員
20名
対象

「特定技能」「定住者」「高度人材」「技・人・国」又は「特定活動」等の在留資格を得て企業が雇用している(又は雇用予定の)外国人材の方
*原則、日本語検定N3相当以上の方を対象とします。
場所
名古屋センタービル 5階 会議室A(愛知県名古屋市中区錦2-2-13)

研修のねらい

2019年4月の改正入管法施行により、対象14業種の在留資格「特定技能」が新設され、深刻化する人手不足への対応のひとつとして、5年間で34.5万人の外国人材受入れが見込まれています。この「特定技能」では、就労前に義務的支援業務としてガイダンスや生活・公的手続き等に関する教育が要求され、登録支援機関等で実施されます。しかしながら、同教育では企業人として求められるビジネススキルに関する教育は含まれていません。また、その他の資格で在留している外国人材に対してのビジネススキル研修は、ほとんど実施されていないのが現状です。
そこで、本研修では、「特定技能」のほか、「定住者」「高度人材」「技・人・国」「特定活動」等の在留資格を取得し、企業が雇用している(又は雇用を予定している)外国人材の方を対象に、日本企業で業務を円滑に進め、成果を上げるために必要なビジネススキルについて、ロールプレイやディスカッションを交えて習得していただきます。

研修の特長

日本人新卒者教育と同様に、社会人及び就業者としての責任や義務を認識し、その自覚を促します。更に、会社生活で必要な考え方やビジネスマナーについて、日本語のロールプレイやディスカッションの組み合わせにより、体験を通して理解を深めます。

カリキュラム

10月1日(木曜)

9時50分~10時00分

開講式・オリエンテーション


10時00分~11時30分

この研修で学ぶこと

講師: 一般財団法人 日本国際協力センター  中部支所 支所長   小林 ひかり

内容:

この研修の目的や枠組みを改めて確認するとともに、達成すべき目標を各自で設定し、グループで共有します。

  • 研修で達成する目標を確認
  • 研修の枠組み(講義とロールプレイによるレベルアップ)
  • 会社からの受講者への期待

先輩からの言葉 ‐日本社会で楽しく働く心構え‐

講師: 現地連絡調整員   王 媛
<コーディネーター> 前掲  小林 ひかり

内容:

日本社会で仕事をしてきた経験をベースに、どのような考え方で日本の企業に適応すればよいか助言します。

  • 出身国のルールと日本社会・企業のルールは違うことを認識する
  • 先ずは日本社会での良い仕事をして、周りから認められる

11時30分~13時00分

仕事への取組み方

講師: 一般財団法人 日本国際協力センター  中部支所 支所長  小林 ひかり

内容:

就職し社会人となると重くなる責任や日本職場のルールの違い等について認識を深め、自覚を促します。

  • 社会人として最低限守るべきこと
    • 組織で求められる人材とは(労働成果への対価としての給料)
    • 身だしなみ(服装)
    • 時間の厳守、遅刻・早退・休みの連絡徹底 等
    • 体調管理
  • 職場のルールを守る
    • 職場での飲食
    • 守秘義務、SNSの使い方、安全管理、5S 等
  • 仕事の進め方
    • ホウレンソウ(報告・連絡・相談)をしよう
    • チームワーク(周囲(上司、同僚、後輩)との協力と協調)

14時00分~15時00分

職場でのコミュニケーション

講師: 一般財団法人 日本国際協力センター 中部支所 主任日本語講師  岩井 成美

内容:
  • 自己紹介
  • 上司・先輩・同僚・後輩との付き合い方
    • 仕事での話し方(挨拶・言葉づかい)
    • 態度と表情

15時00分~17時00分

ビジネス・ロールプレイ(1)

講師: 一般財団法人 日本国際協力センター 中部支所 主任日本語講師  岩井 成美

内容:

職場でのあいさつや態度、先輩上司との話し方などについて理解を深めます。

  • 上司の指示を受けるとき(確認、報告)
  • 前もって休みを伝えるとき(相談)

10月2日(金曜)

9時30分〜10時30分

日本のビジネスマナー

講師: 一般財団法人 日本国際協力センター 中部支所 主任日本語講師  岩井 成美

内容:

日本のビジネス習慣について学びます。

  • お客様へのあいさつ・対応(しぐさ・態度・表情)
    • お辞儀の仕方
    • 名刺の交換
  • 業務の対応
    • あいさつ表現
    • 敬語表現/社内と社外の使い分け

10時30分~12時30分

ビジネス・ロールプレイ(2)

講師: 一般財団法人 日本国際協力センター 中部支所 主任日本語講師  岩井 成美

内容:

電話応対の仕方やメモの書き方について学びます。

  • 社内の電話(自分宛ての電話をとる/他の人に取り次ぐ)
  • 他社やお客様からの電話(指名者がいるとき/指名者がいないとき)
  • 伝言メモの重要性と書き方

13時30分~16時30分

キャリアプランニングとアクションプラン発表

講師: 一般財団法人 日本国際協力センター 中部支所 主任日本語講師  岩井 成美

内容:

自分の強み弱みを整理し、職場の中でありたい将来の自己の姿を考えるとともに、今後の目標を含めたアクションプランを作成し、発表します。


16時30分~16時40分

閉講式


講師プロフィール

小林 ひかり
(こばやし ひかり)
一般財団法人日本国際協力センター 中部支所 支所長

外務省を始めとする中央省庁や地方自治体、及び外国政府より受託の国際研修事業、国際交流プログラム、留学生受入支援事業、多文化共生事業等の企画運営業務に10年以上従事。2018年より厚生労働省受託事業「外国人就労・定着支援研修」にて中部地域の定住外国人及び留学生向け研修運営の業務総括。過去に民間人材会社で就業カウンセラー業務にも従事。


岩井 成美
(いわい なるみ)
一般財団法人日本国際協力センター 中部支所 主任日本語講師

名古屋多文化共生研究会会員。1990年代より国内外の大学及び専門学校等で日本語教育に携わり、社会人向けビジネス日本語クラスも担当。2016年から3年間、豊田市委託事業「名古屋大学とよた日本語学習支援システム」のプログラムコーディネーターとして多文化共生支援に関わった。2017年より厚生労働省受託事業「外国人就労・定着支援研修」講師、2019年より愛知県受託事業「外国人県民早期適応研修カリキュラム」開発メンバーの業務に従事。


王 媛
(おう えん)
現地連絡調整員

中国で大学院卒業後、大連の大学にて日本語教師として3年間勤務。2010年に来日し、流通科学大学大学院でマーケティングを専攻。協同組合愛知事務計算センター勤務を経て、2013年より一般財団法人日本国際協力センター中国語コーディネーター(通訳)として登録、一般財団法人日本国際協力センター中部支所実施の厚生労働省委託事業「外国人就労・定着支援研修」における現地連絡調整員として従事。

受講者の声

  • 日本に長年住んでいる先輩の経験談を聞くことができ、すごくよかったです。これから自分が経験するかもしれない異文化に対する対処法についても聞けて良かったです。ありがとうございました。
  • グループのメンバーと話し合ったり必ず1人ずつ発表しなければならなかったりする時が多く、心配でしたが授業も面白く先生もすごく話しやすかったので、積極的に参加することができました。
  • 先生がすごくやさしく説明してくださりわかりやすかったです。尊敬語を難しいと感じていましたが、色々教えていただきこれから頑張って使ってみたいと思います。
  • 自分のキャリアについて不安なところも多かったのですがこの機会でゆっくり考えてみることができ、とても良かったです。やりたい仕事ができるように頑張ります。2日間本当にありがとうございました。たくさん勉強になりました。

備考

※当初のスケジュールを、コロナウイルス感染防止対策に伴い変更いたしました。

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
お問い合わせフォーム