瀬戸校内検索

No.52
理論と演習で学ぶ! 経営力強化講座

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2019年7月5日(金曜)
2019年7月9日(火曜)
2019年7月12日(金曜)
2019年7月16日(火曜)
2019年7月19日(金曜)
2019年7月23日(火曜)
2019年7月26日(金曜)
2019年7月30日(火曜)
研修期間(時間)
全8日(22.5時間)
受講料
31,000円
定員
20名
対象
経営者, 経営幹部, 管理者
場所
名古屋大学 東山キャンパス 経済学部棟 1階 特別演習室2  (愛知県名古屋市千種区不老町)

研修のねらい

経営環境の変化が厳しい中、事業を継続・発展させるためには、如何にして時代の変化を的確に捉え、論理的な判断に基づき戦略を立案・実行するかが重要です。本講座では、「経営戦略」、「会計」、「組織・人事管理」という3つの視点から企業の経営力を高めるための考え方を体系的に学び、演習を通じて実践に繋げていただきます。

カリキュラム

7月5日(金曜)

17時50分~18時00分

開講式、オリエンテーション


18時00分~19時30分

企業経営と意思決定

講師: 山田 基成  名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

この講座のガイダンスとして、研究理論としての経営学と実践としての企業経営との関係、ならびに経営における意思決定のあり方などについて学びます。


7月9日(火曜)

18時00分~19時30分

経営環境の読み方

講師: 犬塚 篤  名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

経営戦略を考える上で基本となる経営環境の読み方、および業績の構造分析の基本について学習します。


19時30分~21時00分

経営戦略の基本

講師: 犬塚 篤  名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

経営の基本戦略である、コストリーダーシップ、差別化戦略、集中戦略の考え方と、利点や欠点について学びます。


7月12日(金曜)

18時00分~21時00分

戦略の実施と効果(1) (ケース学習)

講師: 犬塚 篤  名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

課題に基づき、特定の企業における競争環境を分析した上で、各企業の戦略がもつ効果を、同じフレームワークの上で議論します。


7月16日(火曜)

18時00分~21時00分

戦略の実施と効果(2) (ケース学習)

講師: 犬塚 篤  名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

同上


7月19日(金曜)

18時00分~19時30分

財務諸表の基本構造と相互関連性

講師: 坂口 順也 名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

代表的な財務諸表である、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の基本的な構造と相互関連性、特定の意思決定が与える影響などについて学習します。


19時30分~21時00分

経営管理への会計の利用

講師: 坂口 順也 名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

会計の経営管理への利用を取り扱う管理会計の基礎を学習します。また、管理会計の具体例として予算管理に注目し、分析方法や問題点について議論します。


7月23日(火曜)

18時00分~21時00分

戦略実行への会計の利用

講師: 坂口 順也 名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

内容:

会計と戦略との関連性の基礎について学習します。また、その具体例として、近年注目されるBSCの概要について説明します。さらに、BSCを設計し実行する場合に検討すべき項目を議論し、議論の全体像を受講者全体で整理します。


7月26日(金曜)

18時00分~19時30分

組織内コミュニケーションと組織の活性化・統合

講師: 江夏 幾多郎 名古屋大学大学院 経済学研究科 准教授

内容:

多様性の経営、企業理念の活用、組織開発といった観点を題材に、複雑性が増す組織を統合し、イノベーションに開かれた場にするために必要な観点について考えます。


19時30分~21時00分

リーダーシップ学習

講師: 江夏 幾多郎 名古屋大学大学院 経済学研究科 准教授

内容:

「リーダーシップは経験から学ぶことができる、全ての組織人に求められる行動特性である」という観点に立ち、受講者同士が経験を共有しながら理解を深掘りします。


7月30日(火曜)

18時00分~21時00分

評価・報酬を通じた組織づくり

講師: 江夏 幾多郎 名古屋大学大学院 経済学研究科 准教授

内容:

評価や報酬は、企業が目指しているものを従業員に伝え、個人を伸ばすと同時に、組織をまとめるために有用なツールです。現実の評価や報酬は、そのポテンシャルを活かしきれていないことが多いですが、そうした「難問」を解きほぐす糸口を探ります。


講師プロフィール

山田 基成
(やまだ もとなり)
名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

1982年、名古屋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得、博士(経済学)。名古屋大学経済学部助手、専任講師、助(准)教授を経て教授となり、現在に至る。専攻分野は生産管理、中小企業経営。愛知ブランド評価委員会委員長などの公職多数。


犬塚 篤
(いぬづか あつし)
名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

ソニー(株)での技術者勤務を経て、2004年、北陸先端科学技術大学院大学より博士号を取得。同大学助手、助教を経て2008年より東京大学特任准教授、2010年より岡山大学大学院准教授。名古屋大学大学院准教授を経て、2016年より現職。


坂口 順也
(さかぐち じゅんや)
名古屋大学大学院 経済学研究科 教授

2003年、神戸大学大学院経営学研究科 会計システム 博士後期課程修了、博士(経営学)。関東学園大学経済学部講師、助教授、関西大学大学院会計研究科助教授、准教授、教授を経て、2017年4月より現職。専門は会計学。


江夏 幾多郎
(えなつ いくたろう)
名古屋大学大学院 経済学研究科 准教授

2003年、一橋大学商学部卒業。2009年に一橋大学より博士学位(商学)を取得。名古屋大学大学院経済学研究科講師を経て、2011年より現職。専門は人事管理論。

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
お問い合わせフォーム