瀬戸校内検索

No.51
若手経営者のためのビジョン開発とその実践法(飯田)

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2019年6月26日(水曜)
2019年7月24日(水曜)
2019年7月25日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(18時間)
受講料
28,000円
定員
15名
対象
経営者
場所
飯田商工会館 商店街交流ホール(長野県飯田市常盤町41 )

研修のねらい

誰もが先行きに不透明感を抱く時代に、成長の方向性を模索し、「こっちに進むぞ」と方向性を示すのはトップの仕事です。そして、「わが社らしさ」を明確にし、それを活かす方法を突き詰めて考えることで、次代に向けたヒントが見えてきます。
本研修は、これまで築いてきたわが社の強みに新たな強みを加えた“1.5次創業”について考えるとともに、長期的なビジョンの開発とその実践法について学びます。

カリキュラム

6月26日(水曜)

9時40分~10時00分

開講式 オリエンテーション


10時00分~17時00分

ビジョン開発のための基礎理論を学ぼう ゼミナール(1) (自分の棚卸)

講師: 株式会社 V字経営研究所 代表取締役社長 酒井 英之

内容:

ビジョン開発のための基礎理論を学ぼう

  • 中小企業が掲げるビジョンの特徴と経営上の役割
  • 事例研究【ビジョンがある会社、ない会社はここが違う】
  • 経営理念、ビジョン、戦略等の理念体系のあるべき姿とは

ゼミナール(1)(自分の棚卸)

  • 自分の生き方と積み重ねてきた経験を整理してみよう
  • わが社の創業の精神と危機を乗り越えてきた出来事を振り返ろう
  • 経営者(先代)やお客様、取引先に想いを聴くポイント
  • インターバル期間課題:インターバル期間を活用し、必要な情報収集・整理に取り組んでいただきます

7月24日(水曜)

9時30分~16時30分

事例から学ぶビジョン開発と実現に向けた全社一丸体制のつくり方 ゼミナール(2) (自社の『魅力』の整理)

講師: 株式会社 V字経営研究所 代表取締役社長 酒井 英之

内容:

事例から学ぶビジョン開発と実現に向けた全社一丸体制のつくり方

  • 事例、ケーススタディを通じたグループディスカッションやワークショップ
  • ビジョン開発とその実現に向けた様々な仕掛けや仕組みづくりについて考える

ゼミナール(2)(自社の『魅力』の整理)

  • わが社が置かれている経営環境を整理してみよう
  • わが社がお客様に選ばれている魅力を複眼的に整理してみよう
  • わが社はモノではなく、どんなコトを提供してきたのか確かめよう

7月25日(木曜)

9時30分~16時30分

ゼミナール(3) (自社のビジョンの検討) ゼミナール(4)(発表・講評)

講師: 株式会社 V字経営研究所 代表取締役社長 酒井 英之

内容:

ゼミナール(3)(自社のビジョンの検討)

  • コトを発展して考えたとき、当社には何が提供できるのか考えよう
  • コトを提供し続けるために、今後、探究や徹底すべきことを洗い出そう

ゼミナール(4)(発表・講評)

  • わが社の将来像(ビジョン)や自身の役割、今後の取り組み〔発表〕
  • 講師及び受講生同士による助言やディスカッション

16時40分~

閉講式


講師プロフィール

酒井 英之
(さかい ひでゆき)
株式会社V字経営研究所 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、ブラザー工業(株)に入社。入社2年目で考案したラベルライターが今も売れ続ける大ロングセラー商品となる。営業部では優秀セールスマン賞を7回受賞。同社がミシンから情報機器メーカーへとV字回復する一翼を担う。この経験を活かし戦略コンサルタントに転身。三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)では経営戦略部長兼プリンシパルを歴任。25年超のコンサルティング経験から、資源の集中化が必要な中小企業ほど理念とそれを具現化するビジョンが必要であることを実感。中小企業の「業績のV字回復→ビジョン実現」を専業で支援している。「暗夜に一燈を灯す」を理念に、空理空論を嫌い現場に入り込んで成果が出るまで粘り強く指導する姿勢に経営者・幹部のファン多数。

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
お問い合わせフォーム