瀬戸校内検索

No.30
社内を活性化するIT活用講座

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2020年2月26日(水曜)
~2020年2月27日(木曜)
研修期間(時間)
全2日(12時間)
受講料
22,000円
定員
25名
対象
経営者, 経営幹部
場所
瀬戸校

研修のねらい

近年、人手不足が深刻化しており、思うような人材確保が難しくなっています。そのため、社内SNSやグループウェア等のコミュニケーションツールによるIT活用により、社内に情報共有の仕組みを作るなど組織の活性化を図り、人材の有効活用や企業イメージの向上等に結びつける取り組みが注目されています。
本研修では、コミュニケーションの強化や組織の活性化を図り、社員が活躍できる職場をつくるために、すぐに使えるIT活用について事例研究やケース演習を交えながら学びます。

研修の特長

  1. 組織活性化に役立つグループウェアなどの活用法が理解できます。
  2. 職場のコミュニケーションが活発になる組織づくりを、IT導入の視点を軸に学びます。
  3. 事例企業の成功体験や苦労話の中から、自社でのIT導入のきっかけを掴みます。

カリキュラム

2月26日(水曜)

9時20分~9時40分

開講式・オリエンテーション


9時40分~14時40分

組織活性化に向けたIT活用の進め方

講師: 中小企業診断士 服部 繁一

内容:

急速な技術革新で、昨今、中小企業でのIT活用が加速化しています。職場の活性化につながるIT活用に着目して、中小企業の現場で導入されているITの現状や効果、実際に導入する際の進め方や留意点、セキュリティの重要性、IT補助金や専門家派遣等活用できる施策を学びます。

  • 中小企業のIT活用事情
  • 組織活性化や生産性向上とIT活用
  • IT導入プロセスと留意点

14時40分~16時40分

事例に学ぶ組織活性化のためのIT活用

講師: 前掲 服部 繁一
【事例企業】 株式会社 三島コーポレーション 経営企画室 室長 三宅秀和
【事例企業】 アトンテック株式会社 代表取締役社長 松浦宏司

内容:

グループウェアの活用により社内のコミュニケーション強化や業務の効率化を実現した企業の事例から、IT活用のメリットを学びます。また、導入や運用で起きた問題とその対応策から、失敗しないIT導入のポイントを考えます。

  • IT活用事例研究
  • IT導入・運用で起きる問題と対策(ディスカッション)

2月27日(木曜)

9時00分~16時00分

ケースで学ぶ組織活性化のためのIT活用(演習)

講師: 前掲 服部 繁一

内容:

様々なIT活用の中から代表的なケースを取り上げて、IT導入プロセスに沿って、契機となった課題の整理や、IT導入構想の検討に取り組みます。また、自社でIT導入を進めるにあたっての課題の整理や組織活性化の取り組み策を考えます。

  • IT導入プロセスの課題整理と構想の検討(ケース演習)
  • 自社でのIT導入の課題整理
  • 組織活性化に向けた取り組み検討

16時10分~16時20分

閉講式


講師プロフィール

服部 繁一
(はっとり しげかず)
中小企業診断士

上場企業にて、Webシステムの企画・設計・開発・管理、ITコンサルティングなどを経験した後、地域総合経済団体にて、インキュベーション・マネジャーを務める。現在は、中小企業診断士として実務、研究、教育に従事。実務面は、製造業・卸売業・物流業などさまざまな業界の起業希望者から中小企業経営者まで、2,000社以上の経営および創業支援実績があり、特に多角的視点を持った事業計画作成の支援に定評がある。また研究面では、実務を踏まえて情報が中小企業経営に及ぼす影響に関するメカニズムの解明に取り組んでいる。 名古屋商科大学 大学院MBAプログラム 客員教授  大阪経済大学 経営学部 専任講師

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
お問い合わせフォーム