瀬戸校内検索

No.32
トップセミナー(3月)【名古屋開催】

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2019年3月8日(金曜)
研修期間(時間)
1日(6時間)
受講料
16,000円
定員
35名
対象
経営者, 経営幹部
場所
名古屋国際センター5階・第一会議室

研修のねらい

経営者にとって必須の要素、意思決定時に死活的な役割を果たす知識として、急速にその必要性が認識されつつある2つの素養について、密かに知見を高めることを目的としています。

研修の特長

  1. 優れた経営者として、ふさわしい知見が得られます。
  2. 経済学、哲学という2つの分野(リベラルアーツ)について知見を深めることができます。

カリキュラム

3月8日(金曜)

9時40分~

開講式・ オリエンテーション


10時00分~11時30分

(講演) 経済学 「行動経済学」が変える仕事のやる気と部下のやる気

講師: 名古屋商科大学経済学部 学部長 岩澤 誠一郎 氏

内容:

脚光を浴びる行動経済学や経済史など、「経済学」をユニークな観点から学べる時間です。


11時45分~13時00分

(グループ演習と発表 ) 部下の“ワーク・エンゲイジメント”を高めるためにはどうしたらよいか。

講師: 名古屋商科大学経済学部 学部長 岩澤 誠一郎 氏

内容:

講義内容の定着(受講生間での議論・発表内容)


14時00分~15時30分

(講演)哲学 なぜ今、「哲学」が必要なのか?

講師: 玉川大学文学部 教授 岡本 裕一朗 氏

内容:

経営者が意思決定を行う際、非常に有益な知見と言われる「哲学」について学べる時間です。


15時45分~17時00分

(グループ演習と発表) 哲学と自らの経営の関係について考える

講師: 玉川大学文学部 教授 岡本 裕一朗 氏

内容:

講義内容の定着(受講生間での議論・発表内容)


17時10分~

閉講式


講師プロフィール

岩澤 誠一郎
(いわさわ せいいちろう)
名古屋商科大学大学院 教授

1987年野村総合研究所入社。証券アナリスト業務に従事。2006年から野村証券でチーフ・ストラテジスト。10年にマネージング・ディレクター。
12年から名古屋商科大学大学院教授。13年に同大学経済学部長に就任。専門は金融経済学・行動経済学。最近の論文に「国内機関投資家の日本株への資産配分変動とその非合理性」、「日本企業における従業員のワーク・エンゲイジメントとマネジメント・スキル」、「行動経済学とマーケティング」などがある。米ハーバード大学博士(経済学)。55歳。

岡本 裕一朗
(おかもと ゆういちろう)
玉川大学文学部 教授

1954年生まれ、福岡出身。九州大学にて博士(文学)を取得。九州大学文学部助手を経て、現在は玉川大学文学部教授。専門は西洋の近現代思想。それにとどまらず、領域横断的な研究を実施。
最近は、人工知能やバイオテクノロジーなど技術的な問題と、哲学や社会との関係を探求。
2016年に『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)を出版して以来、社会の各方面の人々と対話するようになり、哲学の新たなイメージを紹介している。
今年の著書として、『人工知能に哲学を教えたら』(SB新書)、『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』(早川書房)などがある。

お問い合わせ

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
Tel: 0561-48-3401
Fax: 0561-48-2224
お問い合わせフォーム