仙台校内検索

No.20
経営トップセミナー1 <仕事と社員のやる気を変える「行動経済学」>

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2020年7月17日(金曜)
研修期間(時間)
1日(6時間)
受講料
16,000円
定員
40名
対象
経営者, 経営幹部
場所
仙台校

研修のねらい

人の不合理な選択や意思決定の研究は、これまでも企業においては経営方針の決定、企業の意思決定、販売方法の開発等に活かされ、業績の向上に役立ってきました。
本研修では、人の不合理さについて、近年脚光を浴びている行動経済学から理論として学び、事業や経営管理への応用を考えます。

研修の特長

  1. 「行動経済学」から見た人の不合理さ
  2. 行動経済学の事業や経営管理への応用
このような方におすすめ!!
  • 事業方法の見直しに役立つ、消費者行動等の理解を深めたい方
  • より良い結論を得るための、意思決定のあり方等を学びたい方
  • 社員のやる気を引き出す、指導方法等を学びたい方

カリキュラム

7月17日(金曜)

9時30分~12時30分

内容: 1.「行動経済学」から見た人の不合理さ
  • 行動経済学を伝統的な経済学との違いからおおまかに理解したうえで、行動経済学で説明される人の不合理な選択や意思決定、また利他的行動や協力行動を、身近な事例を交えて学びます。

13時30分~16時30分

内容: 2.行動経済学の事業や経営管理への応用
  • 行動経済学により見出された理論のマーケティング展開や社員のモチベーション向上等、事業や経営管理への応用について、事例や演習を交えて学びます。 

講師プロフィール

岩澤 誠一郎
(いわさわ せいいちろう)
名古屋商科大学経済学部 学部長

1987年野村総合研究所入社。証券アナリスト業務に従事。2006年から野村証券でチーフ・ストラテジスト。10年にマネージング・ディレクター。12年から名古屋商科大学大学院教授。13年に同大学経済学部長に就任。専門は金融経済学・行動経済学。最近の論文に「国内機関投資家の日本株への資産配分変動とその非合理性」、「日本企業における従業員のワーク・エンゲイジメントとマネジメント・スキル」、「行動経済学とマーケティング」などがある。米ハーバード大学博士(経済学)。

備考

※カリキュラムは変更になる場合がございますので予めご了承ください。 

お問い合わせ

中小企業大学校 仙台校研修担当
Tel: 022-392-8811
Fax: 022-392-8812
お問い合わせフォーム