仙台校内検索

No.86
生産性向上とコストダウン(秋田開催)

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月末までの研修を原則中止といたします。
受付終了
研修日程
2020年1月22日(水曜)
~2020年1月24日(金曜)
研修期間(時間)
全3日(18時間)
受講料
29,000円
定員
15名
対象
管理者, 新任管理者
管理者候補等
場所
秋田県庁(予定)

研修のねらい

製造現場においては、従来のコスト競争のためだけではなく、人手不足や働き方改革への対応として、生産性向上のための工程等の見直しが求められている。
本研修は、原価計算とコストダウンのポイントを学び、自社のコストダウン活動を改善し、生産性と利益を向上させるための実践力を高める。

研修の特長

  1. 生産性やコストの考え方について理解を深め、製造原価の把握や分析方法を学びます
  2. 生産性向上とコストダウン実践の着眼点を学びます
  3. 自社課題を設定し、課題解決の方策を検討します
このような方におすすめ!
  • 原価管理とコストダウンのポイントを学びたい方
  • 自社のコストダウン活動を見直したい方
  • 生産性と利益を向上させる実践力を高めたい方

カリキュラム

1月22日(水曜)

9時30分~16時30分
(昼休1時間)

内容: 1.企業活動と生産性向上・コストダウン
  • 生産性向上とコストダウンを進めるために、生産性やコストの考え方について理解を深め、また、調達・購買費や労務費等の製造原価の把握や分析方法について学びます。
2.自社におけるコストダウン検討(自社課題演習(1))
  • 生産性向上やコストダウンの観点から自社(自部門)の問題点を洗い出して整理しまとめます。

1月23日(木曜)

9時30分~16時30分
(昼休1時間)

内容: 3.生産性向上とコストダウンの進め方
  • 人手不足や働き方改革への対応と併せた、生産性向上とコストダウンの着眼点(残業削減等)と具体的な進め方について、方法改善と実施効率管理の2つの面から演習を交えて学びます。

1月24日(金曜)

9時30分~16時30分
(昼休1時間)

内容: 4.自社におけるコストダウン検討(自社課題演習(2))
  • 自社課題演習(1)の結果に基づき、自社課題を設定し、課題解決の方策を検討します。

講師プロフィール

鈴木 規男
(すずき のりお)
有限会社コンサルティング ベル オフィス 代表取締役 

慶応義塾大学工学部理工学科卒。ヤマハ発動機(株)を経て、1994年8月経営コンサルタントとして独立、コンサルティング ベル オフィス設立。専門分野は5S、IE、生産管理等。国内外においてコンサルティング活動を行う他、中小企業大学校各校や日本IE協会、日本能率協会等の研修の講師としても活躍し、理解しやすく楽しい講義には定評がある。

備考

※消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。

お問い合わせ

中小企業大学校 仙台校研修担当
Tel: 022-392-8811
Fax: 022-392-8812
お問い合わせフォーム