仙台校内検索

No.36
経営トップセミナー2 <甲子園最多勝監督に学ぶ組織づくり>

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月末までの研修を原則中止といたします。
受付終了
研修日程
2020年2月4日(火曜)
研修期間(時間)
1日(6時間)
受講料
16,000円
定員
40名
対象
経営者, 経営幹部
場所
仙台校

研修のねらい

メンバー間のコミュニケーションが円滑で、目的(経営理念)を共有して協力しあえる会社にしたい!企業の経営者・経営幹部等にとって一体感のある組織にしたいという課題達成は永遠のテーマです。
本研修では、野球部の生徒もいない、学費免除、寮や野球特待生もなく生徒も集まりにくい、満足なグラウンドもない、といったまさしく「ゼロ」の状況から智辯和歌山高校を甲子園優勝チームにし、自らも甲子園最多勝監督となった髙嶋名誉監督から一体感のある組織づくりについて学ぶとともに、自社の組織の望ましい姿について考えていただきます。

このような方におすすめ!

・一体感のある組織にしたいとお悩みの方
・リーダーの姿勢について学びたい方

研修の特長

  • 強固な組織を作るために組織の3要素といわれる「共通目標」、「コミュニケーション」、「貢献意欲(協働意欲)」を学び、自社の望ましい姿について考えていただきます
  • 甲子園最多勝の髙嶋仁監督の葛藤と決断から、リーダーの姿勢について学びます 

カリキュラム

2月4日(火曜)

9時30分~12時30分

講師: 高嶋 仁氏(講演) 小島 慎一氏(コーディネーター)

内容: 1.ゼロからのチームづくり
  • 想いを伝える
  • 共通目標の共有化
  • 双方向のコミュニケーション
  • チームを一番に考える
  • リーダーの姿勢 

13時30分~16時30分

講師: 小島 慎一氏

内容: 2.自社の望ましい姿
  • 組織の三要素
  • 貢献と誘引 

講師プロフィール

髙嶋 仁
(たかしま ひとし)
智辯学園和歌山高校名誉監督

1946年長崎県生まれ。海星(長崎)高校で外野手として甲子園に2度出場。日本体育大学を卒業後、1972年から奈良の智辯学園高等学校監督、1980年に智辯学園和歌山高等学校監督に就任。1994年春の選抜高等学校野球大会で初優勝。その後夏の全国高等学校野球選手権大会にて1997年、2000年2度の全国制覇。2018年夏の第100回大会後、監督を勇退。同校並びに智辯学園高校硬式野球部の名誉監督に就任。甲子園通算68勝と103試合の出場は歴代最多記録。2019年春から環太平洋大学体育学部の特任教授に就任。現在は指導経験を活かした講演に力を入れている。 

小島 慎一
(こじま しんいち)
AT WILL&KOJIMA SR 代表

大手旅行会社入社。国内、海外団体旅行の法人営業、企画を担当する。平成14年経営コンサルタントとして独立。独立後、ビジネスプランの策定支援、マーケティング戦略の構築、労務、人事戦略の構築など中小企業において実務レベルの支援を行っている。各種講演、執筆活動実績多数。中小企業診断士、特定社会保険労務士。

備考

消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。

お問い合わせ

中小企業大学校 仙台校研修担当
Tel: 022-392-8811
Fax: 022-392-8812
お問い合わせフォーム