新たなオンライン研修(他機関との連携研修等)

短期間のオンライン研修などいままでの中小機構の研修とは少し違った、新しい形での研修を掲載しております。
ぜひご受講ください!

研修一覧

支援担当者向け研修

経営力再構築伴走支援研修

【研修のねらい】

「伴走支援の在り方検討会」での議論を踏まえて整理された、あるべき中小企業伴走支援の姿である「経営力再構築伴走支援」のスキルについて解説します。また相談者に寄り添った対応力を磨くためのロールプレイング演習も行います。

各スキルそれぞれ単独でもご受講いただけます。

【研修開催日時】

2022年9月~2023年3月に基盤スキル1、2、3をそれぞれ12回ずつ開催(各回とも同じ内容になります。)

【研修形態】

オンライン開催

中小企業向け研修

中小企業は「人材獲得競争」にどう向き合うか!
“最新の学術的な視点を中小企業の経営に活かしていこう”(アーカイブ動画)

【研修のねらい】

中小企業を取り巻く雇用環境は、生産年齢人口の減少、経営者の高齢化等、人手不足が深刻な状況です。このような厳しい人材獲得競争において、特に中小企業では「求める人材にいかに自社を認知してもらうか」「応募者を離さずにいかに内定まで繋ぐことができるか」、募集の仕方と選考フローが非常に重要です。
本研修では、「採用学」の第一人者として有名な講師より、求める人材を獲得するための採用の考え方を解説します!

【研修開催日時】

現経営者のための事業承継ポイント講座
(これからのことを一緒に考えていきましょう!)

【研修のねらい】

事業承継を成功させるためには、事業承継のおおむね5年以上前から意識して、誰に事業承継するかを考え、後継者候補を育てていくことが必要です。
本研修では、事業承継にあたっての心構え、後継者の選定・育成のポイントについて学ぶとともに、インターバル期間中に国が設置する相談窓口である「事業承継・引継ぎ支援センター」の個別相談を活用して、事業承継プランを策定していただきます。

【研修開催日時】
  • 前半:2022年12月13日(火曜)13時30分~16時30分
  • 後半:2023年1月27日(金曜)13時30分~16時30分
【研修形態】

オンライン開催

“脱”炭素経営の進め方
(自社のカーボンニュートラルを本気で考える)

【研修のねらい】

カーボンニュートラルはグローバルに展開する企業を中心に取り組みが急速に広がっており、中小企業においても今後はサプライチェーン全体でのカーボンニュートラル達成に向け、本格的に対応を求められることが想定されます。
本研修では、脱炭素の考え方・進め方や最新の動向を学び、また、インターバル期間中の専門家への個別相談も活用しながら、自社における脱炭素の対応方針を検討します。

【研修開催日時】
  • 前半:2023年1月25日(水曜)13時30分~16時30分
  • 後半:2023年2月28日(火曜)13時30分~16時30分
【研修形態】

オンライン開催

中小企業でも実現可能な海外市場での事業化の進め方
(多角的分析手法と実例に学ぶ海外進出のポイント)

【研修のねらい】

昨今のウクライナ危機、米中貿易戦争の長期化など、世界市場が混沌する中、海外市場を目指す中小企業の皆様向けに、海外市場の見立てから市場の把握、そして事業化までの手法と各実施フェーズでの留意点を基礎から過去の実例に基づく応用まで幅広くに学びます。また、専門コンサルタントへの個別相談も活用しながら、海外市場での事業化に係る一連のノウハウを学ぶことができます。

【研修開催日時】
  • 2023年2月14日(火曜)14時00分~17時00分
【研修形態】

オンライン開催

ハラール認証入門講座 (輸出拡大のための品質保証)

【研修のねらい】

ハラール認証は「海外市場」で求められる品質保証の一つです。世界の全人口の約24%、中でも今後も経済成長が期待される東南アジアでは、全人口の40%を占めるインドネシアにおいてハラール認証義務化の法律が2019年10月に施行され、ハラール対応が必須となっています。例えば、インドネシアに食品、加工食品、食品原料等を輸出する日本企業は、2024年10月までにハラール認証を取得することが義務化されます。本研修では東南アジア市場の有望性や、輸出拡大のために重要なハラール認証について、最新情報をふまえて解説します。「自社の事業においてハラール認証が必要かどうか」を検討する上で、必要な知識や考え方を習得します。

【研修開催日時】
  • 2023年2月21日(火曜)15時00分~17時00分
【研修形態】

オンライン開催