直方校内検索

No.118
安全に良い製品を作るポカミス対策講座

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2021年7月20日(火曜)
~2021年7月21日(水曜)
研修期間(時間)
全2日(12時間)
受講料
22,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
場所
直方校

研修のねらい

「現場のヒューマンエラーを未然に防ぐ具体策」
ポカミス等のヒューマンエラーに起因する製品不良の発生は、企業収益の圧迫に加え、安全面のリスクや企業の信用問題にもつながります。そのため、生産現場でのポカミス防止の対策と、ポカミスが発生しない仕組みを構築することが重要になります。
本研修では、ポカミス等のヒューマンエラーの発生メカニズムと現場の管理者に求められる行動や役割を理解した上で、生産現場の緊急対策の取り方や再発防止策の考え方・取り組み方を学びます。

研修の特長

  • ポカミスの発生メカニズムを学び、適切な対処の仕方を身につけます。
  • 様々なアプローチでのポカミス対策を学びます。
  • 現場に再発防止を意識づける定着化の取り組みまで学びます。
こんな方におすすめ(管理者・新任管理者層)
  • ポカミス対策に取り組む生産現場の管理者の方
  • ポカミスの発生要因を掴んで対策を講じたい方
  • 現場改善のリーダー

カリキュラム

7月20日(火曜)

9時10分~9時30分

開講式・オリエンテーション


9時30分~12時00分
(昼休 12時00分~13時00分)

ポカミス対策の意義と管理者の役割

内容:
ポカミスが起きる原因とそれによる影響を理解した上で、ポカミス対策の重要性を学びます。
  • ポカミスの発生要因と影響
  • ヒューマンエラーとポカミス
  • ポカミス対策における管理者の役割

13時00分~16時30分

生産現場でのポカミス対策の進め方

内容:
現場でポカミスが発生した際の対応策と、ポカミスを防止するための取り組みについて、事例を交えて学びます。
  • ポカミス発生時の管理者の対応
  • ポカミス防止策(事例研究)

7月21日(水曜)

9時30分~14時00分
(昼休 12時00分~13時00分)

ポカミス対策の実践(再発防止と未然防止)

内容:
ポカミスを未然に防ぐための様々な取り組みを学びます。また、教育訓練を含めた現場の意識改革のための取り組みを考えます。
  • ポカミスが発生しやすい状況とは
  • 管理による未然防止の取り組み事例
  • OJTによる教育訓練と作業者の意識改革

14時00分~16時30分

自社でのポカミス対策(演習)

内容:
研修のまとめとして、自社の生産現場でのポカミス対策のアクションプラン作成に取り組みます。
  • 過去のポカミスとその対策
  • 自社でのポカミス対策実践の課題と対策の検討
  • ポカミス対策のアクションプラン作成

16時30分~16時40分

終講式


講師プロフィール

古澤 智

古澤 智
(ふるさわ さとし)
合同会社FRSコンサルティング 代表社員

山形県出身。大学卒業後、総合電機メーカーで製品設計に従事。その後、中小企業支援センターにて様々な中小企業の支援に従事したのちコンサルタントとして独立。技術経営、現場改善を得意とする。

備考

  • 初日の講義終了後に予定しておりました受講者交流会は、新型コロナウイルス感染症の予防・感染拡大防止のため、中止とさせていただきます。
  • 今後のコロナウイルス感染拡大によっては、研修の中止、カリキュラム、受入人数、講師の変更等あり得ますので、予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校 直方校
Tel: 0949-28-1144
Fax: 0949-28-4385
お問い合わせフォーム