おススメ研修 第1回「貴社を引っ張る女性リーダーが誕生!(SDGsシリーズ)」

2021年 9月 1日

企業経営では、人手不足や働き方改革、デジタル化・DX、SDGsなど、その時々の経済・社会の変化やそれに伴う制度変更などに柔軟に対応していくことが求められます。そうした変化に対応する人材を育成するため、全国にある中小企業大学校等で受講できるお薦めの研修をご案内します。
第1弾となる今回は、近年話題となっている「持続可能な開発目標(SDGs)」と人材育成をテーマに全4回のシリーズでお届けします。

持続可能な開発目標(SDGs)と人材育成

SDGs(持続可能な開発目標)は2015年9月に国連サミットで採択された17のゴールと169のターゲットから成る2030年までの国際目標ですが、取り組みを求められても自社では難しいなんて思っておりませんか?実は、SDGsにはたくさんのゴールがあるからこそ、別の目的で行っていた様々な取り組みが、結果としてSDGsの達成に寄与しているということもあるのです。

女性リーダーの育成で会社に新たな風を。

第1回は組織を引っ張る女性リーダーの育成がテーマです。

皆さんの会社、女性の管理職の割合はどのくらいですか?

2020年における日本企業の女性管理職の割合は8%弱です。
その背景には子育てと仕事の両立が難しいために退職してしまうなどの事情もあります。

しかし、人材不足に迫られる中で、せっかくスキルアップした女性社員が辞めてしまうのはもったいないですよね。
女性の管理職がいることは以下のように社風にも大きく影響します。

女性活躍推進による主なメリット

  • ライフイベントの際の休暇・休業を認め、お互いに助け合っていく風土が醸成される。
  • 意思決定に多様な立場の視点がもたらされる。
  • 同性の部下が相談しやすくなる。
  • 女性のモチベーションが向上し、長く働く意識を持つことができる。

SDGsゴール5「ジェンダー平等」に貢献

SDGsゴール5のロゴ

また、女性管理職の増加はSDGsのゴール5(ジェンダー平等)に貢献し、企業の社会的評価にも繋がります!なぜなら、ゴール5のターゲット5では、「政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参画及び平等なリーダーシップの機会を確保する。」と定められているからです。

自社にたくさんメリットのある女性リーダーの育成ですが、このようにSDGsにも寄与するのですね。

今あなたのそばにいる女性社員を、貴社を引っ張る女性リーダーへと育成してみませんか?

組織を引っ張る女性リーダー育成研修

ワークライフバランスや将来の働き方を考え、女性の持つ強みを生かしながらリーダーシップを身に付けることのできる研修をご紹介します!

昨年度の受講者からは、
「今回の研修で、昔のリーダー像と現代のリーダー像の違い、多種多様化している事実を知り、女性らしいきめ細やかさで助言できる理想のリーダー像を思い描くことが出来ました。」「女性管理者としての強み、弱みに気付くことが出来たので、自分がこれからどうあるべきかを見直すいいキッカケになりました。」「同じ女性として、専門で学んでいらっしゃった知識や体験談などを聞けて、すごく共感し、勉強になりました。」「演習とペアワークが数多くあって座学だけでなく飽きずに参加出来ました。」「社外の方々との情報交換、自分自身以外の方々の考え方を知る事ができ、お互い仲間で一緒に頑張ろうと励みになりました。」「自社に戻って自分の役割に自信をもって取り組みます‼」
など大変好評です。

研修風景1
研修風景2

10月以降に開催されるおススメ研修

  • 最新の応募状況、詳細につきましては各URLをご参照ください。
  • 定員に達した研修などは募集を締め切らせて頂きます。予めご了承ください。

お問い合わせ

人材支援部人材支援企画課
Tel: 03-5470-1560
Fax: 03-5470-1561

メールでのお問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします
Mail:jinzai-kikaku@smrj.go.jp(@を半角に変更してください)