関西校内検索

No.36
差別化と業績向上へのサービス改革の進め方

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
  • 7月より安全対策を実施し、研修を開始します。
受付中
研修日程
2020年10月21日(水曜)
~2020年10月22日(木曜)
研修期間(時間)
全2日(12時間)
受講料
22,000円
定員
20名
対象
経営者, 経営幹部
すべての業種の方
・自社のサービス改革を考えている方
・サービス事業の責任者の方
場所
関西校

研修のねらい

差別化や事業成長のためのサービス改革が様々な業種で経営課題になっています。しかし実態は精神論や現場任せで闇雲に取り組んでしまい、成果に結びついていません。一流のサービス経営企業にステージアップするために、サービスの本質を捉えた組織的な取り組みが成果を挙げて注目されています。
本研修では、サービスの本質とサービスの価値向上の方法を理解した上で、演習を交えて自社サービス改革の実践ポイントを学びます。

研修の特長

  • サービスを科学的に捉えて、差別化や事業成長につながるサービスの価値向上の手法を学びます。
  • 現場の知恵や工夫を活かした組織的なサービス向上の進め方を学びます。
  • 現場のモチベーションを高めて、顧客満足や業績向上へつなげられるようになります。

カリキュラム

10月21日(水曜)

9時15分~9時30分

オリエンテーション


9時30分~12時00分

サービスの本質と科学的な捉え方

内容:

サービスの本質を理解した上で、科学的にサービスを評価する考え方や手法を、事例を交えて学びます。

  • 自社のサービスを振り返る
  • サービス産業化の進む背景
  • サービスの本質と捉え方

13時00分~16時30分

サービス向上のための実践ポイント(演習)

内容:

サービス向上のために押さえるべき顧客の「事前期待」と、サービス品質を向上させるポイントを、自社演習を交えて学びます。

  • 6つの視点で見るサービス品質向上
  • サービスプロセスのモデル化
  • 顧客の「事前期待」を考える
  • 「事前期待」による顧客セグメントの定義

10月22日(木曜)

9時30分~12時00分

事例演習 サービスで差別化した取組み

内容:

サービスで差別化を図り、競争優位を築いた事例を通じて、サービス向上の取組み方や現場のやる気の高め方を考えます。

  • サービス改革の事例研究
  • 自社のサービス改革を考える

13時00分~16時30分

自社のサービス向上を考える(演習)

内容: 研修のまとめとして、自社サービス向上のための取組みを具体的に検討します。
  • 自社の顧客セグメントの再検討
  • サービスプロセスのモデル化
  • 成功ポイントと今後の課題の整理

16時30分~16時45分

修了証書交付


講師プロフィール

松井 拓己
(まつい たくみ)
松井サービスコンサルティング 代表

サービス改革の専門家として、業種を問わず数々の企業を支援。国や自治体、業界団体の支援や外部委員、アドバイザーを兼務。業種を越えたサービスの専門家としてメディア取材を受けるなど、様々な方面で活躍。代表著書に「日本の優れたサービス」シリーズなどがある。株式会社ブリヂストンで事業開発プロジェクトリーダー、約170名の専門家が集うワクコンサルティング株式会社の副社長およびサービス改革チームリーダーに従事した後、現職。

備考

※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

お問い合わせ

中小企業大学校 関西校 研修担当
Tel: 0790-22-5931
Fax: 0790-22-5942