人吉校内検索

No.130
職場の業務改善の進め方研修

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2020年10月21日(水曜)
~2020年10月23日(金曜)
研修期間(時間)
全3日(20時間)
受講料
29,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
次世代リーダーとして社内を変えたい方
的確な判断のできるリーダーになりたい方
職場において業務改善したいテーマがあり、現状を整理したい方
業務改善のためのアイデア発想の手法を身に付けたい方
場所
人吉校

研修のねらい

経済環境の悪化に伴い、どの企業にも「待ったなし」、「聖域なし」の改革が求められる状況になりました。旧態依然の意識・行動、賞味期限切れの仕組みや手順では、自社の停滞は避けられません。この逆境をチャンスに変えられるか否かは、経営リーダーの意識改革と実践力にかかっています。
この研修では、中長期の課題・短期の課題、業務の課題・組織の課題など自社の成長を阻む様々な要因を見極め、自社の実際の問題解決を進める手法を実践的に学び、自社改革のヒントに繋げます。

研修の特長

ここがポイント
  • 他社の事例から学ぶ!異業種の方々との意見交換を通じ、社内展開に繋がる新たな改革・改善の視点を学びます。
  • 自社を実際に変える!職場で発生する実際の課題に対し、ステップを踏んだ演習を通じ、社内改革」にそのまま応用できます。

カリキュラム

10月21日(水曜)

9時15分~9時30分

開講式・オリエンテーション


9時30分~17時00分
昼休(12時30分~13時30分)

業務改善の本質を見極める(なぜわが社は変われないのか?)

講師: 株式会社エム・イー・エル 取締役 佐藤 康二

内容: どうすれば目の前の出来事を的確に捉えられるのか。人に伝え、人を動かすためにはどうすればいいのか。リーダーが押さえておくべき思考や発想の基本を初歩から学びます。
  • 「なぜ伝わらないのか、なぜ動かないのか」
  • 物事の捉え方、問題の捉え方
  • 論理的思考の基本
  • 業務改善と問題解決
  • これからの管理者・リーダーの役割とは etc

10月22日(木曜)

9時00分~17時00分
昼休(12時30分~13時30分)

業務改善までのプロセスを理解する(どうすれば変われるのか?)

講師: 株式会社エム・イー・エル 取締役 佐藤 康二

内容: 変われない理由、頓挫する理由を見つけ出し、変化していくための業務改善の手順について学び、自身の視点や発想力のレベルアップを図ります。
  • 業務改善と問題解決の実践プロセス
  • 業務改善と提案力
  • 業務改善とPDCA etc

10月23日(金曜)

9時00分~16時30分
昼休(12時30分~13時30分)

自社の業務改善への取り組み(演習)(わが社が変わる!人を動かすプランをつくる!)

講師: 株式会社エム・イー・エル 取締役 佐藤 康二

内容: 研修のまとめとして、実施の自社・自分の状況を鑑みた改善策の立案に取り組みます。
  • (会社の未来のために、会社を変える)自社の現状、課題と改善策の立案 etc
  • (自分の未来のために、自分を変える)成果に繋げるための自身の役割とは etc

16時30分~16時40分

終講式(修了証書交付・アンケート記入)


講師プロフィール

佐藤 康二

佐藤 康二
(さとう こうじ)
株式会社エム・イー・エル 取締役

福岡大学商学部商学科卒業後、民間企業勤務を経て起業。その経験を活かして1995年に(株)エム・イー・エルに入社し、コンサルタントに転身。現在、同社取締役として企業の業績向上コンサルティングや組織活性化・人材開発の支援を行う。「なぜ人は本気で働かないのか」等の著作を含め、組織開発を通じた業績向上、売上アップをテーマに顧客接点の水準を高める価値づくりと、社員がイキイキ働ける職場づくりに注力。理念を重視したビジョン型経営を中小企業に導入し、目標設定と計画立案、その実行と進捗管理までを支援して多くの顧問先で業績向上を実現している。中小企業大学校をはじめ公的機関での研修講師としても豊富な実績を有する。

備考

  • カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 当初より少ない定員で実施する可能性がありますので、予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校 人吉校
Tel: 0966-23-6800
Fax: 0966-22-1456