人吉校内検索

No.30
失敗しないための「データ利活用型」農業経営

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2020年2月3日(月曜)
~2020年2月4日(火曜)
研修期間(時間)
全2日(12時間)
受講料
22,000円
定員
35名
対象
経営者, 経営幹部, 管理者
農業への進出を考えている・進出した企業 ・農業法人の管理者、個人の農業経営者
これから農業者を支援したい士業(中小企業 診断士、税理士、公認会計士、社会保険労務 士、弁護士、行政書士、デザイナーなど)
場所
人吉校

研修のねらい

高齢化や人手不足により農家が減少する中、企業がその経営センスや独自の経営資源を活かして、農業分野に進出する例が増えています。しかし、農業特有の販売マーケティングや栽培技術の難しさなどもあり、安定して収益の得られる農業ビジネスができている企業は限られています。
この研修では、企業が農業ビジネス(スマート農業)で失敗しないために重要な、データ分析・データ利活用をした農業経営の考え方と具体的な事業の進め方について、事例を交えて体系的に学んでいただきます。

研修の特長

※研修タイトルを変更しました。(旧)「農業のビジネス化推進研修」

ひと目でわかる研修の特長 (625KB)

ここがポイント
  • 事例(ケーススタディ)を通じて、データを活用した農業経営について体系的に学びます。
  • スマート農業の先端事例を活用し、今後の農業ビジネス戦略を検討します。

カリキュラム

2月3日(月曜)

9時15分~9時30分

開講式・オリエンテーション


9時30分~11時30分

農業ビジネスの“いま”と“未来”

講師: シンクタンク・バードウイング 代表 長崎県立大学地域創造学部教授 鳥丸 聡

内容: 農業ビジネスにかかわる法律や経済、技術、消費者・関係者・海外の動向などは、日々大きく変化しています。ここでは、農業ビジネスを取り巻く環境の変化を踏まえ、これからの農業ビジネスに求められるものについて学びます。
  • 農業ビジネスを取り巻く環境の変化
  • これからの農業ビジネスに求められるもの

11時30分~17時00分
昼休憩(12時30分~13時30分)

失敗しない農業経営

講師: テラスマイル株式会社 代表取締役 生駒 祐一
株式会社クロスエイジ 取締役 松永 寿朗
株式会社ソフトビル  代表取締役 緒方 良

内容: 企業が農業で安定して収益を上げていくために考える必要のあるテーマについて、セッションを交え、基礎から体系立てて学びます。
  • 講師の取り組み紹介
  1. 農産物の販売マーケティング(松永氏)
  2. 農作物の生産管理(緒方氏)
  • 失敗しない農業経営(セッション)

2月4日(火曜)

9時30分~12時30分

失敗しない農業経営

講師: テラスマイル株式会社 代表取締役 生駒 祐一

内容:
  • マーケット分析
  • 気象分析
  • 経営分析

13時30分~16時30分

スマート農業の先端事例

講師: テラスマイル株式会社 代表取締役 生駒 祐一

内容: ロボット、AI、IoTなどの最先端の新技術を使い、スマート農業を実践している複数の事例を通じて、自社の農業ビジネスへの気づきを得ます。

16時30分~17時00分

自社の農業ビジネスの検討(まとめ)【演習】

講師: テラスマイル株式会社 代表取締役 生駒 祐一

内容: 自社が農業ビジネスで失敗しないための、具体的な事業の進め方についてまとめます。
  • 全体のまとめ
  • 自社の農業ビジネスへの具体的な活用検討

17時00分~17時10分

終講式(修了証書交付・アンケート記入)


講師プロフィール

鳥丸 聡

鳥丸 聡
(とりまる さとし)
シンクタンク・バードウイング 代表 長崎県立大学地域創造学部教授

1959年鹿児島市生まれ。九州大学経済部卒業後、鹿児島銀行入行。10年間勤務後、(財)九州経済調査協会主任研究員・主幹・情報研究部長を歴任。1999年、米国国務省から招聘され、NPOによるコミュニティビジネスの現状を調査。2004年(株)鹿児島地域経済研究所調査部長就任。2008年シンクタンク・バードウィング代表。
総務省「合併サポーター」、国土交通省「九州圏広域地方計画プレ協議会」委員、福岡県「協働推進協議会」委員、鹿児島県「行政評価監視委員会」委員、中小企業基盤整備機構九州支部プロジェクトマネージャー等を歴任。ラジオのコメンテーター等でも活躍中。

生駒 祐一

生駒 祐一
(いこま ゆういち)
テラスマイル株式会社 代表取締役

1977年生まれ。東証一部上場企業にて10年勤務した後、2011年より九州に渡り、企業参入型 農業法人の立上げに参画する。2014年「楽しく働く街づくり」をビジョンに掲げた九州発 農業ベンチャー テラスマイル(株)を創業。2017年冬、農業経営に特化したB2Bクラウドシステム「RightARM」をリリースし、今年中にユーザ数は九州を中心に100を超える見込み。この取り組みは、今年三月の未来投資会議(農林水産省提出資料「スマート農業の実現に向けた取組について」 p.14)や、六月の衆議院 農林水産委員会で『事例』として紹介されている。今年度は、農林水産省 高度先端型技術実装促進事業(2018)等に採択。日本における“データ利活用のスペシャリスト”として、農業経営者が『データの利活用によって、今後の作戦会議ができる』と感じて頂けるような提案をし続けていく。グロービス経営大学院2010年卒業(MBA)。 

松永 寿朗
(まつなが としろう)
株式会社クロスエイジ 取締役

会社の経営理念に興味を抱き、佐賀大学大学院卒業後に入社。
取締役事業統括を務める。生産者プロデューサーとして農産品の商品化や販路開拓、新規農業分野参入支援、スマート農業導入支援を行っている。

緒方 良
(おがた りょう)
株式会社ソフトビル 代表取締役

昭和57年11月設立。農業分野への関りは農業関連ITを基盤に40年を経過している。その中でもミカン、梨、大根、トマト、馬鈴薯等の青果物自動選別装置を30数か所の九州各県に導入。また業務パッケージシステムを始めとする業務支援システムで情報産業の中で、様々な課題を豊富な経験と知識でハードとソフトを組み合わせ、現場で利用できる仕組みを支援している。
  • カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 初日の講義終了後、受講者交流会(名刺交換会)を校内にて開催いたします(希望者のみ)

お問い合わせ

中小企業大学校 人吉校
Tel: 0966-23-6800
Fax: 0966-22-1456