広島校内検索

No.44
現場改善の基本を身に付ける!

  • 必ず詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 研修によっては、大学校以外で開催のコースや、連続していない日程のコースがあります。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
受付終了
研修日程
2018年9月5日(水曜)
2018年10月11日(木曜)
2018年11月21日(水曜)
研修期間(時間)
全3日(18時間)
受講料
28,000円
定員
15名
対象
管理者
場所
高知県工業技術センター

研修のねらい

この研修では、現場改善の基本的技法である5S、目で見る管理、ムダ取り、3ム、IEについて、理解していただくとともに、インターバル期間を利用した自社課題解決への取組みを通じて、実践力を身に付けていただきます。

研修の特長

  • 5S、目で見る管理による改善方法について、豊富な事例を交えてわかりやすく学べます。
  • ムダ取り、3ム(ムリ・ムラ・ムダ)、IEといった改善手法について、自社での実践を行いながら学べます。
  • 自社の業務に適用しながら進めるので、研修終了後すぐに役立ちます。

カリキュラム

9月5日(水曜)

第1回
5Sと目で見る管理を身に付けよう!

9時00分~9時10分
開講式・オリエンテーション

9時10分~10時10分
工場管理者の職務と役割

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • 工場管理者として身に付けるべき知識、職務と期待される役割について学びます。
    • 生産管理の仕組みと体系
    • 生産合理化、生産性向上の考え方
    • 工場管理者として果たすべき役割と求められる実務知識
    • 部下の指導育成方法

10時10分~14時10分
(途中1時間昼休憩)
「5S」と「目で見る管理」の基本

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • 現場改善の基本となる「5S」と「目で見る管理」について学びます。
    • 「改善」の目的、意義、対象、データによる現象把握、効果
    • 「5S」の目的、意義、その効果と定着法
    • 「目で見る管理」の目的、意義、その効果と定着法
    • 職場での推進活動の留意点

14時10分~16時10分
ゼミナール1【演習】自社の現状の整理と分析

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • 自社の製造現場における現状と課題の分析
    • 課題を抱える対象職場、製品、工程、作業
    • 必要とするデータ、成果の測定
    • 改善実施計画作成

第2回開講までの間(インターバル期間)に、自社の現場改善を実施して、改善前、改善後の写真を撮り、持参していただきます。

10月11日(木曜)

第2回
改善現場の手法を身に付けよう!

9時00分~10時00分
インターバル期間中の活動成果の発表

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • インターバル期間中に取り組んだ課題の発表と評価
    • 課題・現状・改善内容・改善による効果
    • 受講者ごとの発表と、講師によるアドバイス

10時00分~15時00分
(途中1時間昼休憩)
ムダ取り、3ム、IEの基本と現場改善の進め方

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • 現場改善の目的、問題の捉え方
  • 現状把握を行うためのムダ取り、3ム、IE等の技法
    • ムダ取り、3ム、IEの考え方と活用方法及び現場での使い方
    • 把握した現状の見方と原因分析方法
  • 改善案の検討方法
    • ECRS
    • オズボーンの発想法
    • 改善事例の紹介
  • 改善計画の作成方法と効果の把握・検証方法

15時00分~16時00分
ゼミナール2【演習】自社の課題把握と改善計画の作成

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • 自社の課題を再認識して、改善対象と改善目標、改善計画を作成します。
    • 自社の課題の再認識
    • 改善対象職場・製品・工程・作業等の選定
    • 改善目標の設定
    • 分析手法の選定と改善計画の立案

第3回開講までの間(インターバル期間)に、自社の現場改善を実施して、改善対象、改善目標、改善内容、改善効果等についてレポートを作成していただきます。

11月21日(水曜)

第3回
改善の実施結果を報告し、改善法に磨きをかけよう!

9時00分~11時00分
改善結果の取りまとめの発表準備

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • インターバル期間中に取り組んだ改善活動、改善結果を取りまとめて、発表の準備を行います。 

11時00分~15時00分
(途中1時間昼休憩)
インターバル期間中の改善結果の発表

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • 改善活動の結果発表と講師からのアドバイス
    • 発表5分間/1人、質疑5分間
    • 講師からの講評と今後に向けたアドバイス 

15時00分~16時00分
ゼミナール3【演習】自社の改善計画のブラッシュアップ

講師: 有限会社コンサルティング ベルオフィス  代表取締役 鈴木 規男

内容:
  • 今回の取組みを通じて、今後の自社の改善活動をより効果を高める方策、あるいは横展開していくための計画を作成します。
    • 今回の改善活動の振り返りと今後の課題
    • 自社に定着させるための方策
    • 横展開して全社的に取り組むための方策
    • 今回の課題のブラッシュアップ計画
    • 新たな課題の設定と改善計画等、自社に合った計画を作成

16時00分~16時10分
終講式
内容:  修了証書の交付

講師プロフィール

鈴木 規男
(すずき のりお)
有限会社コンサルティング ベルオフィス 代表取締役

昭和53年慶応義塾大学工学部管理工学科卒業後、ヤマハ発動機株式会社入社。
本社生産技術部において、現場改善・IE改善の指導、生産性向上活動指導支援、生産情報システム構築、新工場計画、教育研修プログラム企画立案及び講師を担当。また、関連会社、海外工場などの改善指導を実践。
平成6年退社後、コンサルタントとして独立。中小企業大学校では、製造業向けの現場改善、5S、IE技法などの講座で活躍されている。