旭川校内検索

No.9
生産現場の問題発見講座

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付中
研修日程
2021年6月2日(水曜)
~2021年6月4日(金曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
32,000円
定員
20名
対象
管理者, 新任管理者
その候補
場所
旭川校

研修のねらい

生産現場の生産性向上は企業の競争力確保のための重要なテーマであり、現場で発生するムダの正確な把握、的確な分析、改善策の立案とその推進の仕方を理解したリーダーの存在が求められています。
本研修では、生産現場のリーダーが理解しておきたいIE(Industrial Engineering)の実際の活用法を学び、生産現場の問題を的確に捉えて、効果的な改善策を立案し、改善に向けてチームを導く術を身につけます。また、研修のまとめとして自社の生産現場の問題の着眼に取り組み、習得したIE技法をどのように活用していくかを考えます。

研修の特長

  1. 現場改善の責任者・リーダーが身につけておきたい手法を幅広く学びます。
  2. IE技法を基本から現場実践の仕方までを身につけます。
  3. 自社の問題発見に効果的なIE技法とその使い方を学びます。

カリキュラム

6月2日(水曜)

9時50分

2階受付カウンターにて受付を開始します。


10時20分~10時30分

開講式・オリエンテーション


10時30分~15時30分
(昼休12時00分~13時00分)

現場改善の意義と管理者の役割

講師: 株式会社MEマネジメントサービス マネジメントコンサルタント 添田 英敬

内容:

生産現場の改善活動の意義を理解した上で、現場改善の基本を学びます。

  • 生産現場の生産性向上
  • 生産現場の管理者の役割
  • 「管理」と「改善」
  • 原価から見抜く生産改善のポイント
  • 問題発見、課題解決の方法

15時30分~18時30分

現場改善の考え方と進め方

内容:

5Sと目で見る管理、IE技法について、活動事例や演習等を交えて学びます。

  • 5S活動と・目で見る管理の実践ポイント
  • 3ム(ムリ・ムダ・ムラ)退治
  • 方法改善と作業測定法

18時45分~20時15分

受講者交流会

内容:
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、受講者交流会は当面の間中止いたします。開催する場合は改めてご案内いたします。

6月3日(木曜)

9時00分~12時00分
(昼休12時00分~13時00分)

IE技法を活用した現場の問題の捉え方(演習)

講師: 添田 英敬(前掲)

内容:

IE技法を使用した現状把握から分析、問題点抽出、改善案の考え方の実践の仕方を、事例や演習を交えて学びます。

  • IEとは何か
  • IE技法の活用法
  • 動作研究
  • 工程分析・稼動分析・運搬活性化
  • レイアウト分析

6月4日(金曜)

9時00分~12時00分
(昼休12時00分~13時00分)

IE技法を活用した現場の問題の捉え方(演習)

講師: 添田 英敬(前掲)

内容:

(前日のつづき)


13時00分~16時00分

自社現場での実践的活用(演習)

講師: 添田 英敬(前掲)

内容:

研修で学んだ内容を踏まえて、自社の生産現場での問題の洗い出しを考えます。

  • 自社で活用できるIE 技法
  • 現状の問題分析の仕方
  • 今後のアクションプラン作成

16時00分~16時20分

終講式


講師プロフィール

添田 英敬
(そえだ ひでのり)
株式会社MEマネジメントサービス マネジメントコンサルタント

独立系システムインテグレーターにて流通業向け販売供給システム開発に携わる。会計事務所勤務後、日本インダストリアル・エンジニアリング協会(日本IE協会)にて、生産技術スタッフ向け研修会、現場実習、工場見学会などの企画・運営を経験。また、協会会報誌「IEレビュー」の企画、編集業務に従事。その後、株式会社MEマネジメントサービス入社。社内外の研修講師を務めるほか、大手電機メーカーでのコンサルティング業務を行うなど、実務に精通したコンサルタントとして精力的に活動中。

備考

  • カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校旭川校 研修担当
Tel: 0166-65-1200
Fax: 0166-65-2190