旭川校内検索

No.28
経営発展セミナー2

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 新型コロナ感染防止対策を行い、研修を実施しております。
受付終了
研修日程
2021年2月24日(水曜)
~2021年2月25日(木曜)
研修期間(時間)
全2日(6時間)
受講料
16,000円
定員
30名
対象
経営者, 経営幹部
後継者等
場所
旭川校

研修のねらい

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、我々の生活様式や企業を取り巻く経営環境は大きく変化しています。このような先行き不透明な時代を生き抜くために経営者には時代の変化を読み解く力と揺るぎない経営方針のもと、会社を未来へ導く力が必要となります。
この研修では、コロナ禍の影響による社会経済や産業の変化を的確に捉え、読み解くヒントと企業が成長し続けるために必要となる経営方針について事例企業を通じて具体的に学んでいただきます。

研修の特長

  • コロナ禍によって経営環境がどのように変化したのか大局的に理解していただきます。
  • ウィズコロナ・ポストコロナ時代においても社員の幸せのため雇用を守る経営方針を貫く伊那食品工業(株)にコロナ時代を生き抜く経営方針や雇用のあり方について学んでいただきます。

カリキュラム

2月24日(水曜)

13時50分~14時00分

開講式・オリエンテーション


14時00分~17時00分

コロナ禍が与えた社会、経済、産業への影響

講師: 一般財団法人 日本経済研究所 専務理事(代表理事) 新産業創造業務統括 兼 地域未来研究センター・エグゼクティブフェロー 鍋山 徹

内容: コロナ禍の影響により企業を取り巻く経営環境がどのように変化したのか、社会、経済、産業の側面から大局的に学び、先行き不透明な時代を読み解くヒントをつかんでいただきます。
  • 新型コロナウイルスが与えた産業への影響
  • ウィズコロナ・ポストコロナ時代を見据えたビジネスの再構築

2月25日(木曜)

9時00分~10時30分

長期的な視点で人を育て、企業を育てる企業風土の神髄

講師: 伊那食品工業株式会社 代表取締役会長 井上 修  電気通信大学産学官連携センター 客員教授 竹内 利明

内容: コロナ禍の影響により先行きの不透明さが増す中、「雇用」を守り、「社員の幸せ」を追求した経営には、どのような仕組みがあり、どのようなステップで取り組んできたのか事例企業から学び、ウィズコロナ時代を生き抜くために経営者として必要な資質について学んでいただきます。

10時30分~12時00分

【対談】ウィズコロナ時代を生き抜く「人を大切にする経営」の考え方

講師: 井上 修(前掲)  竹内 利明(前掲)

内容: コロナ禍の影響により雇用危機を招きかねない状況下にある中、「人を大切にする経営」がもたらす効果や、実践する企業に共通する強みについて対談を通じて学んでいただきます。

12時00~12時20分

終講式


講師プロフィール

鍋山 徹
(なべやま とおる)
一般財団法人 日本経済研究所 専務理事(代表理事) 新産業創造業務統括 兼 地域未来研究センター・エグゼクティブフェロー

1959年生まれ。福岡県出身。1982年早稲田大学法学部卒業後、日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行。営業、審査・調査(エネルギー、化学、電機、観光サービス他)などを経験し、2000年米国スタンフォード大学国際政策研究所客員研究員。2009年日本政策投資銀行産業調査部長(2011年チーフエコノミスト)。2013年から現職。2010年~2014年テレビ東京ワールドビジネスサテライトのレギュラー・コメンテーター。日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)林業復活・地域創生WG主査、新化学技術推進協会(JACI)戦略委員会委員、九州経済連合会IoTビジネス研究会座長 他公職多数

井上 修
(いのうえ おさむ)
伊那食品工業株式会社 代表取締役会長

1975年法政大学経営学部卒業。1979年1月当社入社。1986年4月東京営業所所長、1987年12月取締役東京営業所所長、1988年2月アドコマーシャル株式会社取締役(現在に至る)、1991年3月常務取締役 営業本部長、2005年3月、代表取締役社長に就任。現在に至る。
2007年1月公益社団法人中小企業研究センター「グッドカンパニー大賞」グランプリ、2008年3月三重県庁 日本環境経営大賞表彰委員会事務局第6回日本環境経営大賞「環境経営パール大賞」、2018年3月人を大切にする経営学会「第8回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 中小企業庁長官賞」受賞。

竹内 利明
(たけうち としあき)
電気通信大学産学官連携センター 客員教授

1976年青山学院大学理工学部経営工学科卒業,経営後継者として自動車部品メーカー勤務。その後,コンサルタント会社創業。2000年電気通信大学客員助教授、以降、特任教授を経て現在産学官連携センター客員教授。2011年電気通信大学優秀教員賞(教育関係)受賞。2003年「創業ベンチャー国民フォーラム」起業支援家部門奨励賞受賞,2013年経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」選出。
「人を大切にする経営学会」副会長、ビジネス支援図書館推進協議会会長。2016年武蔵野大学教養教育リサーチセンター客員教授就任。経済産業省各種研究会委員・審査会委員(中小企業政策,政策評価他),科学技術振興機構審査会等委員(政策評価,A-STEP)第22期東京都図書館協議会委員,自治体の産業政策関連委員会委員を歴任(現職:市原市・多摩市)

備考

カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校旭川校
Tel: 0166-65-1200
Fax: 0166-65-2190