旭川校内検索

No.43
健康経営のためのヘルスケアマネジメント(札幌開催)

  • 必ず詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 研修によっては、大学校以外で開催のコースや、連続していない日程のコースがあります。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
受付中
研修日程
2020年3月5日(木曜)
~2020年3月6日(金曜)
研修期間(時間)
全2日(12時間)
受講料
22,000円
定員
30名
対象
経営者, 経営幹部
その候補者
場所
中小機構北海道本部 大会議室(札幌市中央区北2条西1丁目1-7 ORE札幌ビル6階)

研修のねらい

少子高齢化による労働力人口の減少、経済・産業構造が変化する中で、生活習慣病等の健康不安、仕事や職場に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる経営者、従業員の割合が増えています。また、業務における心理的負荷を原因とした労災認定が行われる事案が増加しており、企業においてもリスクマネジメントとしてのメンタルヘルス対応が急務となっています。
この研修では、「経営者と従業員の健康は経営のベースである」との観点から近年提唱されている「健康経営」をテーマとして取り上げ、経営者自身のセルフケアから、従業員に対する安全配慮義務まで、メンタルヘルスに関する知識を理解するとともに、風通しのよい組織風土づくりのためのコミュニケーションスキル、社内サポート体制づくりについて、事例と演習を通じて学んでいただきます。

研修の特長

  1. 健康管理を経営の視点からとらえて、戦略的に従業員の健康づくりを実践する経営手法を学びます。
  2. 風通しのよい組織風土づくりのためのコミュニケーションスキル、社内サポート体制づくりについて学びます。
  3. 従業員の採用、定着、社内コミュニケーションに課題をお持ちの経営者、マネージャーにお勧めの研修です。

カリキュラム

3月5日(木曜)

9時50分~10時00分
開講式・オリエンテーション

10時00分~12時00分
「健康経営」のすすめ

講師: 有限会社ピージェイハーベスト 代表取締役 沖倉 功能

内容:
  • 「健康経営」の目的
  • 健康経営の推進が必要な理由
  • 具体的な推進方法
  • 経営者にとって必要な心構え

13時00分~15時00分
「経営者の健康」とセルフケア

講師: 特定非営利活動法人日本臨床心理カウンセリング協会 理事・統括事務局長 園田 真司

内容:
  • 経営者自身が自らの健康に関心を持つ
  • 経営者の健康習慣(ストレス対処法)
  • 疲労が蓄積しない休養の工夫
  • メンタルヘルス不調の種類と特徴
  • セルフチェックと自己理解
  • 社員の不調のサインの気づき
  • まとめ(質疑応答)

15時00分~17時00分
企業の安全配慮義務とメンタルヘルス

講師: 園田 真司(前掲)

内容:

企業のメンタルヘルスに関する安全配慮義務について、事例等を交えて理解していただきます。

  • 管理者のための自己保健義務と安全配慮義務
  • 知っておきたい法的知識
  • 心の側面から見た課題とラインケア

3月6日(金曜)

9時00分~12時00分
管理者のためのコミュニケーション技法「話を“聴く”コツ」

講師: 園田 真司(前掲)

内容:

研修初日に学んだメンタルヘルスに関する基本知識をベースに、従業員(部下)の話を聴くコツを学びます。

  • タイプ別に見る具体的な声掛け
  • よりよい人間関係を構築するためのコミュニケーションスキル(傾聴、Iメッセージ ※)

(※)相手に不快な思いをさせずに、自身の考えや気持ちを伝えることができるスキルです。


13時00分~16時00分
社内(職場内)サポートづくりと進め方

講師: 園田 真司(前掲)

内容:

社内(職場内)におけるサポート体制について、事例と演習を交えて理解を深めていただきます。

  • 職場環境改善の進め方
  • 過重労働対策、復職支援等のケア
  • 困難事例への対応(ディスカッション演習)
  • まとめ(質疑応答)

16時00分~16時15分
終講式

講師プロフィール

沖倉 功能
(おきくら かつよし)
有限会社ピージェイハーベスト 代表取締役

大学卒業後、千代田火災海上保険(株)(現:あいおいニッセイ同和損保)に入社。その後、会計事務所を母体とした独立系FP会社に勤務し1999年に独立。25年以上の講師経験を有し、現在では商工会議所・大学・金融機関等で年間150回前後のセミナー・研修を行っている。単に制度内容を伝えるだけではなく、どのように実務に活かせば良いのか、という観点から進める講義は、多くのクライアントから好評を得ている。社会保険労務士、健康経営アドバイザー、1級FP技能士。

園田 真司
(そのだ しんじ)
特定非営利活動法人(NPO法人)日本臨床心理カウンセリング協会 理事・統括事務局長

日本体育大学卒業後、金融系企業にて17年間勤務し、新規顧客開拓営業から人事部へ異動。新入社員の採用面接2万人以上及び、新入社員合宿研修の責任者として研修内容の計画から実施まで400名超を行う。『焚き火』を利用したカウンセリング「ファイヤーセラピー」を考案、ファイヤーセラピーや対面カウンセリングが体験できる野外イベント「ダイアログキャンプ」の運営責任者として「笑顔があふれる社会の創造」のための活動の他、国の機関、市役所、教育委員会、組合・企業向け研修や講演など精力的に活動している。(社)プロジェクト結コンソーシアム 理事、国際EAP協会 日本支部 資格委員、独立行政法人下総精神医療センター 臨床研究部 嗜癖行動研究室 研究補助員、NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会認定 認定臨床心理療法士、(社)日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー資格。

備考

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校旭川校
Tel: 0166-65-1200
Fax: 0166-65-2190