旭川校内検索

No.205
事例に学ぶ!宿泊・サービス業の経営戦略(根室開催)

  • 大学校以外で開催するコース、インターバルのあるコースがありますので、詳細ページにて研修内容をご確認ください。
  • 消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。
  • 7月より安全対策を実施し、研修を開始します。
受付終了
研修日程
2019年11月11日(月曜)
2019年11月12日(火曜)
2019年11月13日(水曜)
研修期間(時間)
全3日(18時間)
受講料
29,000円
定員
15名
対象
経営者, 経営幹部
創業者, 経営後継者(候補者を含む)
場所
大地みらい信用金庫 本店 5階 大会議室 (根室市梅ヶ枝町3丁目15番地)

研修のねらい

北海道の観光業はインバウンドの拡大等から市場は右肩上がりにあるものの、身の丈に合った観光経営に迷っている事業者も多く、他とは差別化されたお客様に満足いただけるサービスの提供とリピーターの確保を実現する経営体質づくりが求められています。
この研修では、宿泊・サービス業の売上・収益アップや新規国内需要の掘り起こし、インバウンド市場の取り込みなどにつながる顧客ニーズへの様々な対応策について「顧客の視点」で捉えるとともに、売上・収益アップのための自社のビジネスモデルを検討していただきます。

研修の特長

  1. 京丹後の小さなお宿、鶴巻温泉老舗旅館女将から、“旅館・サービス業”の常識”を脱するために必要な着眼点と仕組みづくりについて学びます。
  2. 事例講義とワークショップ演習を通じて、 「顧客の視点」による自社・自店のビジネスモデルを検討し、売上・収益アップにつなげます。
  3. 個別相談時間を設け、観光業界の第一線で活躍する講師から対応策について具体的なアドバイスを受けることができます。

カリキュラム

11月11日(月曜)

12時50分~13時00分

開講式・オリエンテーション


13時00分~18時00分

「顧客の視点」から捉える着地型観光の進め方

講師: 観光ビジネス総研株式会社 代表取締役 刀根 浩志
株式会社ダイヤモンド・ビッグ社 地球の歩き方総合研究所 主任研究員 川端 祥司

内容:
  • インバウンド事情と外国人観光客の動向
  • 「お国柄に商機あり」相手を知るための体験交流型マーケティング
  • リスク分散から判断する外国人客の受け入れ

11月12日(火曜)

9時30分~12時00分

自社の強みを活かしたおもてなし開発と戦略策定

講師: 刀根 浩志(前掲)
川端 祥司(前掲)


13時00分~15時30分

事例研究1「私の巻き込み術と波長の合う顧客づくり」

講師: 株式会社とト屋 女将 池田 香代子
刀根 浩志(前掲)

内容:
  • 身の丈に合ったインバウンドと顧客づくり(東南アジア戦略、個人旅行、ハラール対応等)
  • 海の京都・丹後海岸の魅力をマイスターが直伝「丹後マイスターツーリズム」の開発・提供

15時30分~18時00分

事例研究2「旅館を憧れの職業に!陣屋の旅館改革・働き方改革」

講師: 株式会社陣屋 代表取締役 女将 宮﨑 知子
刀根 浩志(前掲)

内容:
  • 「借金10億円」からのV字回復を果たした老舗旅館再生の歩み
  • 料理の改革/サービス・オペレーションの改革/施設・設備の改革/働き方改革
  • 休館日導入など就業環境改善、ワークスタイル変革、ES向上に向けたチームビルディング

11月13日(水曜)

9時30分~16時00分
(昼休12時00分~13時00分)

自社の強みを活かしたおもてなし開発と戦略策定(演習) ※個別相談

講師: 刀根 浩志(前掲)
川端 祥司(前掲)

内容:
  • 自社事業と地域の観光ビジョン・将来展望を描く
  • 地域資源の発掘とブラッシュアップ
  • 自社の強みを活かした着地型旅行商品・プラン企画
  • 販路の開拓・自社のファンづくり
  • 情報の受発信
  • まとめ

16時00分~16時20分

終講式


講師プロフィール

刀根 浩志
(とね ひろし)
観光ビジネス総研株式会社 代表取締役

前例にとらわれない、観光を手段とした旅人と受け地の住民が互いに高め合う観光ビジネスモデルづくりのサポートを続ける。国土交通省観光カリスマ百選、経済産業省中小企業サポーター、内閣府 地域活性化伝道師。現在、中小企業基盤整備機構近畿本部 プロジェクトマネージャーとして地域資源活用による地域活性化の支援を行っている。中小機構近畿本部 プロジェクトマネージャー。

川端 祥司
(かわばた ひろし)
株式会社ダイヤモンド・ビッグ社 地球の歩き方総合研究所 主任研究員

1982 年株式会社日本リクルートセンター(現(株)リクルート)入社。その後、ぴあ(株)などを経て、2006 年レインボウパブリッシング(株)設立。訪日外国人向けフリーペーパー「TOKYO YOKOHOAMA RAINBOW plus」を創刊。2008 年には(株)ダイヤモンド・ビッグ社インバウンド事業顧問に就任、全国の地方自治体を中心に民間事業者も含め、インインバウンドに関するアドバイス・コンサルティングを実施している。

池田 香代子
(いけだ かよこ)
株式会社とト屋 女将

京都府の北端、日本海に面した京丹後市の部屋数10 室の小さな旅館の女将。2014年「京丹後龍宮プロジェクト」を立ち上げ、「海、山、里、食」をテーマに地元の観光資源を掘り起こし、体験ツアーとして提案。『私に会いに来て』をコンセプトに、それぞれのツアーには地元を知り尽くした住民によるガイドは好評を博し、京丹後の風景、食、文化歴史を含めた「地域の暮らし体験」を通じた取組みは旅行者の満足度も高く、インバウンドの獲得やリピーターの増加につながっている。

宮﨑 知子
(みやざき ともこ)
株式会社陣屋 代表取締役 女将

2009年より夫・富夫氏とともに「陣屋」の経営立て直しを図る。2010年にはクラウド型旅館・ホテル管理システム「陣屋コネクト」を導入し、2012年に黒字化を達成。2014年には週休2日制、2016年には週休3日制を実施し、さまざまな働き方改革に取り組んでいる。

備考

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
※消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日以降に開講するコースは受講料が変更されました。

お問い合わせ

中小企業大学校旭川校
Tel: 0166-65-1200
Fax: 0166-65-2190