東工大横浜ベンチャープラザ内検索

11月2日開催:「壊れないものづくりのための応力測定と応力改善策」セミナー

今回は、ものづくりの現場を悩ます破壊や変形といったトラブルを回避するため、残留応力測定をテーマとしました。
本セミナーでは、講師に株式会社X線残留応力測定センター代表取締役三島由久氏をお招きします。

実用的な内容とするため、基礎編として関係協会でのアンケート結果を元に実施例の多い

  1. ピーニング効果確認
  2. 熱処理性能確認
  3. 疲労特性予想
  4. 変形予防
  5. 仕様・処理条件検討
  6. 溶接健全性確認

に関して応力発生の原因から測定方法まで、さらにX線応力測定の原理までわかりやすく説明していただきます。

また、機材を持ち込んで測定デモンストレーションも行います。測定したいサンプルをお持ちの方は、デモ測定も可能です。事前に測定可否を判断するので、セミナー申込書にサンプルの詳細(材質、形状、測定箇所、応力方向)をご記入ください。対象は、鋼、アルミ、ニッケルです。

概要

開催日:
2018年11月2日(金曜)
時間:
セミナー:15時から17時(受付 14時30分より)
懇親会:17時30分から18時30分
講師:
三島由久 氏(株式会社X線残留応力測定センター 代表取締役)
会場:
東工大横浜ベンチャープラザ 2階会議室
神奈川県横浜市緑区長津田町4259-3
定員:
20名(事前登録制、定員になり次第締め切り)
参加費:
無料(交流会は別途500円)
申込方法:
下記申込書をダウンロードの上、所定の必要事項をご記入いただき、メール(申込書を添付)またはファックスにてご送付ください。
セミナー申込書 (67KB)
主催:
中小機構 関東本部(東工大横浜ベンチャープラザ)
後援:
公益財団法人横浜企業経営支援財団

お問い合わせ

東工大横浜ベンチャープラザ IM室
Tel: 045-989-2205
Fax: 045-989-2206
Mail: yvp-info@smrj.go.jp