東工大横浜ベンチャープラザ内検索

開催報告:5月16日 消防訓練

入居企業を対象とした消防訓練を開催しました。

参加企業13社、総勢19名が参加し、2階給湯室からの出火を想定し初期消火、避難放送・誘導、2階から1階へ避難はしごを使用した消防訓練を実施いたしました。

消防訓練1

通常避難する時は非常階段を使用しますが、避難はしごは非常階段や他の退路が使えない場合に使われます。避難はしごはハッチの中に折りたたまれて収納されています。

19人の参加者は、2階の会議室のベランダに設置されている避難ハッチのふたの開け方や、はしごを下ろすレバーの位置などを確認し、ふたの裏側に付いている取手を握り、はしごを地上へ垂らした後、2階から地上に降りました。体験者からは「貴重な経験ができた」「結構ゆれる」「アスレチックのようだ」など様々な意見をいただきました。

消防訓練2