和光理研インキュベーションプラザ内検索

アール・ナノバイオ株式会社

2020年1月29日~30日「彩の国ビジネスアリーナ2020」に出展しました

2020年 2月 17日

2020年1月29日(水曜)~30日(木曜)に、さいたまスーパーアリーナで開催された「彩の国ビジネスアリーナ2020」で、「埼玉県先端創造プロジェクト」(医療イノベーション)ブース(N-67)に出展しました。

出展概要

アール・ナノバイオ(株)は日本ケミファ(株)と共同で、アレルギーのスクリーニング検査を簡単・迅速に行える新製品を開発しました。 理研発の医療用マイクロチップアレイ技術を駆使することによる、血液一滴からアレルゲン等を高速・高精度で測定可能な検査装置です。

彩の国ビジネスアリーナ2020
彩の国ビジネスアリーナ2020
埼玉県先端創造プロジェクトブース
埼玉県先端創造プロジェクトブース
展示品
展示品

2020年1月23日『日刊工業新聞』に掲載されました

2020年 2月 6日

(参考)日刊工業新聞電子版

経営ひと言/アール・ナノバイオの伊藤嘉浩社長「導入に期待」

2020年1月16日『日刊工業新聞』に掲載されました

2020年 2月 6日

(参考)日刊工業新聞電子版

アール・ナノバイオ、血液一滴でアレルギー検査 41項目を30分で結果検出

2020年1月13日『日刊工業新聞』に掲載されました

2020年 1月 20日

(参考)日刊工業新聞電子版

技術が変える!医療の現場(23)アール・ナノバイオ

2019年11月26日『日刊工業新聞』に掲載されました

2019年 12月 25日

(参考)日刊工業新聞オンライン

血液1滴で受診日に検査結果 アール・ナノバイオなど、診断薬・測定装置を来年発売

2019年12月18日『化学工業日報』掲載されました

2019年 12月 25日

2019年12月18日 化学工業日報 (7面)
マイクロアレイ検査技術 「多項目」生かし応用拡大 アレルゲン向け実用化 感染症免疫履歴なども的

10月23日(水曜)~10月25日(金曜)開催『メディカルジャパン2019東京』に出展しました

2019年 11月 11日

【東京展】 会期:2019年10月23日(水曜)~10月25日(金曜) 会場:幕張メッセ
連日、来場者多数いらっしゃいました。

メディカルジャパン会場風景 

アール・ナノバイオ株式会社

9月9日(月曜)開催『第24回埼玉ベンチャーピッチ』に登壇しました

2019年 10月 10日

和光理研インキュベーションプラザに入居している企業4社が、「埼玉ベンチャーピッチ」で発表を行いました。短時間でのプレゼンテーションでしたが、発表後の名刺交換会では、各社とも長蛇の列で終了予定時間ぎりぎりまで順番待ちの状態でした。

プレゼンの概要

「バイオチップ検査・システム」

同社は理化学研究所で開発された先端技術をコアとする理研認定ベンチャー企業である。
医療用レベルのマイクロアレイ・バイオチップ技術を用いて、微量のサンプルから多項目を同時に短時間で分析できるプラットホームを紹介。この測定装置では指先からの微量の採血で、10分から30分程度で正確に測定する事が可能。アレルギー・がん・認知証・心臓疾患・食品分析やヘルスケア等さまざまな診断、分析に対応。開業医だけでなく、人間ドッグや薬局など小型化を進めることで在宅での使用の可能性もある。開発・装置メーカーの方に小型化および搭載コンテンツの開発、人材や資金調達の支援をお願いした。

アール・ナノバイオ株式会社

第24回埼玉ベンチャーピッチ 概要
  • 日時:令和元年9月9日(月曜)15時00分~16時30分
  • 場所:大宮ソニックシティビル9階906会議室(さいたま市大宮区桜木町1-7-5)
  • テーマ:未来を拓くテクノロジーでイノベーションに挑戦するベンチャー企業
  • 主催:埼玉県、さいたま市、公益財団法人埼玉県産業振興公社、公益財団法人さいたま市産業創造財団、有限責任監査法人トーマツさいたま事務所、デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社

第24回埼玉ベンチャーピッチの開催|埼玉県 

令和元年度『埼玉県先端製品開発費補助金』に採択されました(医療イノベーション分野)

2019年 7月 16日

事業テーマ「マイクロアレイ・バイオチップを用いた広範な疾患診断システムの開発」が、令和元年度『埼玉県先端製品開発費補助金』の医療イノベーション分野に採択されました。

(参考)

平成30年度『埼玉県新技術・製品化開発費補助金』(医療イノベーション分野)に採択されました

2019年 7月 16日

埼玉県では、先端産業の創造に資する新技術・製品化開発を実施する事業等で補助金を交付しています。
平成30年度採択結果は、応募総数65社から県内中小企業など18社を採択企業として決定しました。

平成30年度新技術・製品化開発補助金の採択企業を決定しました!

2019年1月30日~31日『彩の国ベンチャーマーケット』において最優秀賞である『埼玉県知事賞』を受賞しました

2019年 7月 16日

彩の国ベンチャーマーケットは、独創的な技術・製品・サービス等により、新たな事業展開を目指すベンチャー企業が、投融資募集や業務提携相手募集、販路開拓などを目的としたプレゼンテーションや展示等を行うビジネスマッチングの場です。当プラザでは、IM(インキュベーションマネージャー)と入居企業が積極的に参加をしています。今年度は、インテグレーションテクノロジー(株)と、アール・ナノバイオ(株)が出展しました。埼玉発ベンチャー企業ロールモデルとして、アールナノバイオ(株)が最優秀者として『埼玉県知事賞』を受賞しました。

開催概要

  • 名称:「平成30年度彩の国ベンチャーマーケット」
  • 日時:平成31年1月31日(木曜)13時30分~16時15分
  • 会場:さいたまスーパーアリーナ(彩の国ビジネスアリーナ2019会場内 講演会場B)
  • 主催:(公財)埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)
  • 共催:埼玉県
彩の国ビジネスアリーナ2019会場
彩の国ビジネスアリーナ2019会場
出展ブース(アール・ナノバイオ)
出展ブース(アール・ナノバイオ)
プレゼンテーション(アール・ナノバイオ)
プレゼンテーション(アール・ナノバイオ)
埼玉県知事賞受賞(アール・ナノバイオ)
埼玉県知事賞受賞(アール・ナノバイオ)

2018年10月10日~12日『BioJapan2018』に出展しました

2018年 10月 24日

「BioJapan2018」概要

会期:2018年10月10日(水曜)~12日(金曜)
場所:パシフィコ横浜A・B・C・Dホール(中小機構 D-25)
主催:BioJapan組織委員会
後援:内閣府、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国立研究開発法人科学技術振興機構、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、独立行政法人中小企業基盤整備機構、国立研究開発法人日本医療研究開発機構、独立行政法人日本貿易振興機構、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構、国立研究開発法人理化学研究所
特別協賛:横浜市
特別後援:神奈川県、川崎市

BioJapan 

企業概要

アール・ナノバイオ株式会社
住所:〒351-0104埼玉県和光市南2-3-13 和光理研インキュベーションプラザ 406号室
電話番号:048-468-5811

理研が開発した医療用マイクロチップアレイ・バイオチップ技術をコアとした医療機器の製造販売をしている、理研ベンチャー認定企業です。

出展概要

中小機構が運営する全国のインキュベーション施設が共同出展したコーナーに、和光理研インキュベーションプラザから3社出展しました。
アール・ナノバイオ株式会社では、理研発の医療用マイクロチップアレイ技術を駆使し、どんな抗原や抗体でも固定化できる「アール・チップ」と、このアール・チップを用い、血液一適からアレルゲン等を高速・高精度に判定可能な「アール・アナライザー」についての紹介パネルと、分析サンプルの展示を行いました。

展示会場

展示会場
展示ブース
プレゼンテーション

2017年9月28日『化学工業日報(一面)』に掲載されました

2017年 11月 17日

和光理研インキュベーションプラザ入居企業であるアール・ナノバイオ株式会社の、多項目を短時間で診断するマイクロアレイ・システム普及の取り組みが、2017年9月28日の化学工業日報一面に掲載されました。

—診断用マイクロアレイ アレルゲンなど多項目同時解析—
光固定化技術を活用 分析10分、既存法代替へ

アール・ナノバイオ株式会社は、理化学研究所で開発された医療応用レベルの再現性を可能にするマイクロアレイ・バイオチップ技術をコアとする理研ベンチャー認定企業です。微量のサンプル(血液1滴)から、多項目を、同時に、短時間で、定量できるプラットホーム・システムです。複数のマーカーをその場で調べる分析科学でこれからのPOCT、診断医療に貢献します。