神戸医療機器開発センター内検索

SDGsバイオコミュニティ人材交流セミナー(神戸医療産業都市クラスター交流会) 持続可能な社会の実現と価値創造

独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部においては、「SDGsの普及・啓蒙」に取り組んでおり、社会課題の解決と経済性を両立させなければ事業を継続できないという認識の高まりを受けて、大手企業だけでなく中小企業やスタートアップの企業価値向上、中長期的な社会課題の解決への取り組み、そしてSDGsの理解度向上、達成への貢献に力を入れています。そこで、MEDDEC/HI-DECとしては神戸医療産業都市の持続的発展に向けて、バイオ領域の地域における支援力向上と入居企業・地域企業の経営力の向上に寄与することを目的として、標記セミナーを開催します。

日時
2021年11月11日(木曜)16時00分~19時00分(15時30分受付開始)
場所
ANCHOR KOBE(アンカー神戸)
開催形式
オンライン参加<Zoomウェビナー>(定員300名)
会場参加(定員70名)
対象
大手・中小企業、スタートアップ及び支援機関、金融機関等
参加費
無料
主催
独立行政法人中小企業基盤整備機構 近畿本部(神戸医療機器開発センター、神戸健康産業開発センター)
後援
近畿経済産業局、神戸市、バイオコミュニティ関西(BiocK)、関西イノベーションイニシアティブ(KSII)、日本政策金融公庫
申込方法

※お申込みは終了しました。

プログラム

15時30分~16時00分
受付
16時00分~16時05分
開会挨拶
樋口 光生 独立行政法人中小企業基盤整備機構 近畿本部 企業支援部 部長
16時05分~16時35分
基調講演1
保田 隆明(ほうだ たかあき) 神戸大学大学院経営学研究科教授
「日本企業でESG/SDGsが求められるマクロ要因」
16時35分~17時05分
基調講演2
丸 幸弘 株式会社リバネス 代表取締役グループCEO
「DEEP TECHで 世界の未来を切り拓く」SDGsによる新たな価値の創出
17時05分~17時35分
基調講演3
坂田 恒昭 バイオコミュニティ関西(BiocK)副委員長兼統括コーディネーター
大阪大学共創機構特任教授
「バイオコミュニティ関西の形成」バイオエコノミー社会の実現に向けて
17時35分~18時20分

パネルディスカッション
「持続可能な社会の実現と価値創造」

  • ファシリテーター
    • 堤 晶子 一般社団法人日本SDGs協会 代表理事(中小機構アドバイザー)
  • パネラー
    • 保田 隆明 神戸大学大学院経営学研究科教授
    • 丸 幸弘 株式会社リバネス 代表取締役グループCEO
    • 坂田 恒昭 バイオコミュニティ関西(BiocK)副委員長兼統括コーディネーター
      大阪大学共創機構特任教授
    • 山本一彦 神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 教授
      神戸大学大学院 経営学研究科(MBA)教授(兼任)(神戸大学発ベンチャー 株式会社バイオパレット、株式会社シンプロジェン、Vispot株式会社、株式会社バッカス・バイオイノベーションの取締役(兼業))
18時20分~18時35分
意見交換会
18時35分~18時40分
閉会挨拶
土屋 貴史 経済産業省近畿経済産業局 バイオ・医療機器技術振興課 課長
18時40分~19時00分
名刺交換会

お問い合わせ

【受付時間】平日:9時00分~17時00分

神戸医療機器開発センター
(MEDDEC)IM室
Tel: 078-306-1162
Fax: 078-306-1163