神戸健康産業開発センター内検索

デジタル技術を活用したヘルスケア産業の現状と将来(第32回メデック・ハイデック交流会)

我が国は、超高齢化社会、新型コロナ禍におけるライフスタイルの変化など様々な課題を抱えていますが、デジタル技術の活用により医療現場ばかりでなく、介護予防・健康づくりなどのヘルスケア分野において大きな革新が起ころうとしています。独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部においても、市場の拡大が期待されるヘルスケア分野におけるデジタル技術の活用に関し、その現状と将来の展望について情報発信するとともに、産官学の交流・連携強化を図ってきました。今般、MEDDEC/HI-DECとして、神戸医療産業都市の更なる発展、地域における支援力向上と入居企業・地域企業の事業拡大に寄与することを目的に、「デジタル技術を活用したヘルスケア産業の現状と将来(政策の方向性と大手企業・ベンチャー企業の戦略)」を開催致します。

日時
令和4年3月7日(月曜)13時30分~15時40分
場所
オンライン開催(Zoom)
定員
100名
対象
大手・中小企業、スタートアップ及び支援機関、金融機関等
参加費
無料
主催
独立行政法人中小企業基盤整備機構 近畿本部(神戸医療機器開発センター、神戸健康産業開発センター)
後援
近畿経済産業局、神戸市
申込方法

※お申込みは終了しました。

プログラム

13時30分~13時35分
開会挨拶
独立行政法人中小企業基盤整備機構 近畿本部 企業支援部
13時35分~14時05分
演題
福永 俊明 経済産業省 商務・サービスグループヘルスケア産業課 専門官
「次世代ヘルスケア産業の創出に向けて」
14時05分~14時35分
演題
遅 天華 バイエル薬品株式会社 オープンイノベーションセンター デジタルイノベーションマネージャー
「バイエルにおけるデジタルヘルスの取り組み」
14時35分~15時05分
演題
柏 誠 アステラス製薬株式会社 Rx+事業創成部 エグゼクティブビジネスプロデューサー
「アステラスの新事業創出」
15時05分~15時35分
演題
森 啓悟 ジーワン株式会社 代表取締役(CEO)
「ITベンチャーが考えるデジタルヘルスビジネス」
15時35分~15時40分
閉会挨拶
土屋 貴史 近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課長

お問い合わせ

【受付時間】平日:9時00分~17時00分

神戸健康産業開発センター (HI-DEC)IM室
Tel: 078-304-6227
Fax: 078-304-6890