千葉大亥鼻イノベーションプラザ内検索

4月26日開催:新しい資金調達のご紹介と活用方法

「株式型クラウドファンディング」のご紹介と「資本性ローン」の効果的活用方法

近年、スタートアップ企業における負債借入ではない資金調達として、資本投資、助成金に続く新たな資金調達手段が登場しています。今回、インターネットを経由した新たな少額株主による投資スキームである「株式型クラウドファンディング」のしくみの紹介と運用事例および、当施設でも昨年より調達実績のある「資本性ローン」の運営実績を踏まえた、効果的な活用方法について解説いたします。

概要

日時:
2019年4月26日(金曜)16時から17時30分
場所:
千葉大亥鼻イノベーションプラザ1階 セミナールーム
受講料:
無料
対象:
千葉大亥鼻イノベーションプラザ入居企業、大学・研究機関ならびに千葉市内・周辺の中小企業
申込方法:
申込書(パンフレット裏面)をFax送信または、申し込みフォームよりお申し込みください
※お申し込みは終了しました

プログラム

16時10分~16時40分
第1部:資本性ローンの実践的活用方法
日本政策金融公庫の「資本性ローン」も適用事例が増え定着をしてきました。そこで本商品の活用方法や採択に向けての準備を中心に、上手な資金調達の方法を説明いたします。
講師
関谷 善行 氏(日本政策金融公庫 南関東創業支援センター上席所長代理)
略歴:南関東地区(千葉県、神奈川県、山梨県)の創業支援を担う専門部署に所属。4年の在職中に同地区の資本性ローンの審査を数多くこなしている。
16時40分~17時30分
第2部:非上場株式市場の動向と可能性
非上場株式での調達に関する動向と非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める投資と資金調達の仕組みである、新たな株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」の事例について説明いたします。
講師
柴原 祐喜 氏(株式会社日本クラウドキャピタル 代表取締役CEO)
略歴:カリフォルニア大学卒、明治大学院グローバルビジネス研究科卒大学院修了後にシステム開発、経営コンサルティング会社を経営。スタートアップ環境を盛り上げていきたいとの思いで共同代表の大浦とともに日本クラウドキャピタルを創業。日本初の第一種少額電子募集取扱業として株式投資型クラウドファンディングサービスを開始する。現在は、大学院での講師を務め、スタートアップ環境の改善のため尽力している。

懇親会

  • 日時:2019年4月26日(金曜)17時40分から18時30分
  • 場所:千葉大亥鼻イノベーションプラザ1階 交流サロン
  • 参加費:500円(税込)

お申し込み・パンフレット

パンフレット(裏面申込書):「新しい資金調達のご紹介と活用方法」 (1MB)

お問い合わせ

電話受付時間:平日9時から17時45分

千葉大亥鼻イノベーションプラザIM室
Tel: 043-221-0981
Fax: 043-221-0982

〒260-0856 千葉市中央区亥鼻1-8-15千葉大学亥鼻キャンパス内