研修ガイド2021(電子ブック)
35/52

財務管理分野◆利益・資金計画のつくり方 ・ 利益計画と資金計画の考え方 ・ 経営戦略と利益計画・資金計画の関係 ・ 利益・資金計画構築のプロセス ・ 利益・資金計画実施・運用のポイント◆自社の財務課題の抽出・評価(演習) ・ 財務分析の視点と手法 ・ 課題抽出と評価の考え方 ・ 自社の財務分析の実践◆ 経営の変化要因の整理と自社の方向性の検討(演習) ・ 経営戦略・計画に基づく経営の方向性を整理(個別面談) ・ 経営に関する変化要因(資金調達・返済、設備投資、人材等)のとりまとめ◆自社の利益・資金計画の立案(演習) ・ 自社の利益・資金計画作成演習の進め方 ・ 自社の利益・資金計画(短期・中期)を作成(個別面談) 本研修では、財務分析に関する基本的な知識について習得していることを前提に、経営管理の基本である利益・資金計画をPDCAを回しながら継続的に改善する重要性を理解した上で、キャッシュフローを重視した利益計画や、根拠となる資金計画のつくり方を学びます。さらに、講師からの個別アドバイスを受けながら、インターバルを活用して自社の利益・資金計画立案に取り組みます。●利益・資金計画策定のステップを理解することができます。●利益・資金計画の作成から進捗管理・評価、改善までを学びます。●インターバル期間を活用し、実際に自社の利益・資金計画を作成します。●講師による個別アドバイスを受けながら、計画策定に取り組みます。キャッシュフロー重視による利益・資金計画34● 対象者  ・ 経営者、経営幹部  ・総務部門、経営部門の責任者  ・ 実行性の高い経営計画を立てたい経営者  ・ 財務分析の基本的な知識を有している方● 受講料 39,000円● 定員 20名● 期 間 4日間2021年 10月 27日㊌~ 28日㊍2021年 11月 25日㊍~ 26日㊎初日 9:20~17:402日目 9:20~16:203日目 9:20~17:204日目 9:20~17:20▼ 講 座▼ ねらい▼ 特 色▼ カリキュラム◆会計の基本と決算書の本質◆固定資産の仕組み◆ 成長性と安全性を両立させるための要素 ・ 中小企業が考えるべき設備投資計画の考え方 ・ 高い目標と控えめな予想 ・ 実は財務管理上危険な代表格 ・ 資金調達の良否の考え方◆経営意思決定の種類◆ 成長性と安全性を両立させるための実践 ・ 将来の不確実性を考慮した計画の検討方法 ・ 利益が増加することで、資金繰りが逆に悪化してしまう要因と仕組み ・ 不確実性が大きい設備投資 「可能な場合」と「避けるべき場合」◆経営意思決定の留意点のまとめ ・ 自社で取り組むべきことの整理 企業の経営活動においては、様々な局面で意思決定を行っていかなければなりません。特に、設備投資等、投資に係る意思決定は、マネジメント上の重要な要素です。本研修では、これら投資判断をするための材料として、資金調達から投資回収における実際の企業活動と財務上の数値変化を関連づけて考えることのできる「計数感覚」の視点からアプローチします。売上拡大策や設備投資等の意思決定の影響を、図解や数値例によって理解することをとおして、成長性と安全性を両立させる意思決定の考え方を学びます。● 会計の仕組みと決算書の本質について、討議をとおして学びます。● 実践的な設備投資計画の作り方を学びます。● 設備投資計画作りの考え方を、他の重要な意思決定に応用して、成長性と安全性を両立させるポイントを整理し、企業経営の継続的な成長を目指します。成長性と安全性を両立させる設備投資の着眼点35● 対象者  ・ 管理者、新任管理者層  ・ 財務の視点から経営判断力を高めたい方  ・ 設備投資(設備や不動産の購入)等、経営上の意思決定に関わる方● 受講料 32,000円● 定員 25名● 期 間 3日間2022年 2月 1日㊋~ 3日㊍初日 9:20~17:402日目 9:20~17:403日目 9:20~16:40▼ 講 座▼ ねらい▼ 特 色▼ カリキュラムPCPCPCパソコンをお持ちください35

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る