研修ガイド2021(電子ブック)
34/52

財務管理分野◆決算書と財務の基礎 ・決算書を作る目的 ・企業会計原則 ・決算書で使われる用語の意味 ・決算書ができるまでの流れ ・簿記の仕組みと構造 ・損益計算書と貸借対照表を読む◆事例で味わう決算書の面白さ ・ 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い ・ 中小企業と大企業の決算書の違い ・利益と資金繰りの違い ・キャッシュ・フロー計算書を読む◆決算書を見るポイント(演習)  ・ 損益計算書を読むポイント ・ 貸借対照表を読むポイント ・ キャッシュ・フロー計算書を読むポイント ・ 収益力の検証と改善のヒント ・ 資金繰りの検証と改善のヒント 本研修では、モデル決算書を題材にして、決算書の仕組みや用語の意味、数字の流れなどを理解します。また、事例演習を通じて実際の企業活動との連動をイメージしながら、決算書を読み解くポイントを学びます。● 決算書の構造と記載内容の意味を学びます。● 決算書を通じて経営状況を把握できるようになります。● 決算書を使って今後の事業展開に関する意思決定の手がかりを学びます。決算書の読み方講座32● 対象者  ・ 管理者、新任管理者層  ・ 決算書の見方を基礎から学びたい方  ・ 将来の幹部候補として期待される方  ・ 財務・会計に苦手意識のある方● 受講料 32,000円● 定員 25名● 期 間 3日間2021年 5月 18日㊋~ 20日㊍初日 9:20~17:402日目以降 9:20~17:20▼ 講 座▼ ねらい▼ 特 色▼ カリキュラム◆財務分析の基本的視点 ・財務分析とは ・経営課題の仮説を立てる ・ 自社の現状の把握、課題抽出、改善策を立案する方法 ・実数分析、比率分析の考え方 ・ 期間比較、業界内比較、競合比較の考え方◆ 収益力の検証(損益計算書からのアプローチ) ・ 収益性の各種比率分析と実数分析 ・ 変動損益計算書と損益分岐点売上高の考え方 ・ 損益計算書(P/L)を用いた経営実態の検証と改善アプローチ◆ 資金繰りの検証(貸借対照表からのアプローチ) ・ 貸借対照表(B/S)による各種比率分析と実数分析(安全性分析) ・ B/S、P/Lとキャッシュフロー計算書(C/F)の関係及びキャッシュフローの検討 ・ 貸借対照表(B/S)を用いた経営実態の検証と改善アプローチ◆自社分析の実践(演習) ・ 財務分析による自社の経営実態の把握 ・ 経営課題の抽出と財務の視点からの改善策の検討(講師による個別アドバイス) 本研修では、決算書に関する基本的な知識について習得していることを前提に、利益と資金の視点で財務分析について学び、財務の観点から自社の現状を定量的に読み取るための分析力を身につけます。また、自社の決算書の分析に取り組み、自社の特徴と問題を掴み、改善策を検討します。● 財務を、実際の企業活動と結びつけて学びます。● 決算書から、自社の経営内容と問題点を客観的に把握する分析手法を理解します。● 講師による個別アドバイスを受けながら、自社の財務課題を検討します。自社の体質改善に役立つ財務分析の進め方33● 対象者  ・ 経営幹部・管理者  ・ 自社の財務体質を把握し、経営改善に取り組みたい方  ・ 業務改善の手がかりを掴みたい方  ・ 経理担当者等● 受講料 32,000円● 定員 20名● 期 間 3日間2021年 7月 6日㊋~ 8日㊍初日 9:20~17:402日目以降 9:20~17:20▼ 講 座▼ ねらい▼ 特 色▼ カリキュラムPCPCパソコンをお持ちください34

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る