研修ガイド2021(電子ブック)
13/52

◀ 自社革新への取り組み ◀ ゼミナールの概要      [第5回~第12回]◀ 自社革新プランの策定■管理者としての職務遂行能力・構想力[経営管理者に必要な管理手法を習得するとともに自社・自部門の現状・問題が把握できる問題を解決して自社・自部門を高めていくプランづくりができる。]■経営と戦略・ビジョン経営全体の広い視点から自社の革新的な未来を創造し、その更なる発展を牽引する自立した経営管理者へ!株式会社昭和螺旋管製作所 〒174-0051 東京都板橋区小豆沢2-26-10 TEL.03-3967-5751 FAX.03-3969-3287  URL.https://www.showarasen.co.jp/卒業生の声経営者の声カリキュラムの流れ・ 受講者が専門的な知識を深掘りし、高いレベルでの成果を目指すためのものです。・ 受講者全員が、いずれかのゼミナールに所属し、学習を進めます。・ ゼミナール論文として、「自社革新プラン」を作成し、発表していただきます。   [第1回~第3回] 管理者としての自己革新と能力開発[第4回~第9回] 経営管理の実務とプランの構築[第10回~第12回] 実践力の向上■リーダーシップ[管理者としての自己実現、部下指導]■マネジメント[リスクマネジメント、ダイバーシティマネジメント]■自社の現状分析[人事・組織・財務会計・マーケティング・営業・法務]■経営計画への具体化[具体的プランの策定(利益目標・実行スケジュール等)、プレゼンテーション]■判断力・決断力の強化■自己革新の取り組み [自己理解、自立型人材]■企業経営と経営理解 [ビジネスシミュレーション]■経営管理者の能力開発 [役割とスキル、経営戦略プロセス]■経営管理の手法2 経営管理者研修■管理者としての実践力 [経営管理者に必要な実行力、対応力を身につける]経営体質の強化策自社への「革新プラン」提言経営戦略、マーケティング、財務管理、人事・労務、組織マネジメント、生産マネジメント・自社の現状把握・専門知識の習得・革新への目標設定※ゼミナール論文骨子構築・中間発表※ゼミナール論文に取りまとめ・発表目標実現に向けた課題の整理戦略・行動プランの策定相互活用相互活用■管理者としての基礎能力[経営管理者としての気づき・意識付け・意識改革ができる]ステップ1ステップ2ステップ3専門家による個別指導ゼミナール自己への気付きと40期生の仲間に感謝 会社から経営管理者研修を打診された時は、正直自信が無く不安も有り、卒業生の工場長に何度も相談をした事を思い出します。入学式当日、不安と緊張の中、交流会の流れから懇親会を行い、直ぐにクラスメイトと打ち解ける事が出来ました。年代、業種が違っても抱えてる悩み・問題、そして会社に対する変革の思いは一緒でした。皆、目的意識が高く、主体性を持った40期生メンバ-と同じ時間を共有出来た事、そして年代を超えた素晴らしい仲間に出会えた事で、人間的に大きく成長させてもらいました。 経営管理者としての基礎知識、自社分析、コミュニケーション力等、わかり易く毎日充実しており、お陰様で皆勤賞を頂く事ができました。今後 私自身が仕事に取り組むべき方向、人としてあるべき理想の姿を様々な角度から気付かせて頂いたと振り返ります。40期の仲間と共に学び、時間を共有できた事、そしてこの研修で築く事ができた人脈は、私の一生の財産です。学びを自信に、仲間と紡ぐ多様性 経営者にとって、企業の幹部やリーダーは組織の力を最大限に引き出してくれる存在です。目まぐるしい社会情勢の変化に対応できる柔軟な考えを身に付けて欲しいと考え経営管理者研修に毎年派遣しています。1年間の長期研修を通して幅広く多様な知識を吸収する事で、苦手意識のあった事に対しても興味と理解を深めることが出来ます。研修で学んだことを自信に繋げ、これから当社の成長に役立ててくれることを期待しています。 異業種でありながら、同じ目的を持って集まった仲間達とかけがえのない時間を共有できたことも素晴らしい経験となっていることでしょう。その経験が自身の多様性を磨く事にも繋がります。この研修で学ぶのは「仕事のやり方」ではなく「どうやるか考える力」だという事が理解できたと思うので、今後の活躍が楽しみです。PCパソコンをお持ちください株式会社昭和螺旋管製作所埼玉工場 品質管理課 課長塚本 将英株式会社昭和螺旋管製作所代表取締役社長佐々木 勇13

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る