(令和4年度)中小機構総合ハンドブック
76/104

事業承継・事業引継ぎ生産性の向上創業・新事業展開経営環境変化への対応共通・その他74千葉県内)(例)事業再建計画の策定、資金調達の検討、販路回復・販売力強化、各種補助金申請等に関する助言、その他復旧・復興に向けた様々経営課題に対する助言(2)市町村、商工会、商工会議所等が開催する相談会等にアドバイザーを派遣します。(3)風評影響を受け得る中小企業者等に対して専門家を派遣し、課題に応じて、事業計画の策定、販路開拓等の支援を行います。最寄の中小機構地域本部までお問い合わせください。(2)打ち合わせ専門家・職員がご要望をお伺いし、ご一緒に課題や状況を整理します。(3)支援の実施お申込み内容により、中小機構が課題に適したアドバイザーを選定のうえ、1回~複数回派遣し、課題解決に向けて支援します。東北本部 復興支援室   Tel:022-399-9077東北本部 復興支援室・福島支援センター Tel:024-529-5113関東本部 企業支援課   Tel:03-5470-1620〔令和2年7月豪雨〕九州本部 企業支援課   Tel:092-263-0300〔ALPS〕北海道本部 企業支援課  Tel:011-210-7471制度について:本部 災害対策支援部 災害対策支援課 Tel:03-5470-1565補助金・助成金融資・出資・施設共済・債務保証専門家派遣・経営相談研修・イベント・情報提供等【お問合せ先】申込先:〔令和元年台風19号、ALPS〕第4章7対象者(1) 令和元年東日本台風により被災された中小企業者、自治体及び支援機関(主に宮城県、福島県、栃木県、長野県内)(2)令和2年7月豪雨により被災された中小企業者、自治体及び支援機関(熊本県内)(3)ALPS処理水の処分に伴い風評影響を受け得る中小企業者等(北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、事業のポイント被災された中小企業者等の復旧・復興に向けた事業を地元支援機関等とともにサポートするため、各種専門家を無料で派遣し、アドバイスします。(1) 中小企業者に対して、地元支援機関等とともに、復旧・復興に関するアドバイスを行います。ご利用の流れ(1) ご相談のお申込み利用実績令和元年東日本台風 派遣人日数:376.5人日(令和4年3月末時点)令和2年7月豪雨  派遣人日数:29人日(令和4年3月末時点)復興をサポートするため、専門家を無料で派遣しアドバイスを実施復興支援アドバイザー制度〔令和元年東日本台風/令和2年7月豪雨/ALPS処理水の処分に伴う当面の対策〕

元のページ  ../index.html#76

このブックを見る