(令和4年度)中小機構総合ハンドブック
67/104

事業承継・事業引継ぎ生産性の向上創業・新事業展開経営環境変化への対応共通・その他・中小機構九州本部・福岡県ベンチャービジネス支援協議会・九州ニュービジネス協議会・福岡証券取引所人員体制や財務状況等の観点から、総合的に審査いたします。※ 入会費は無料です。入会後、チャレンジアカデミーなどのサービスメニューを無料でご利用いただけます(ご希望により専門(2)入会後は約1年間、全8回にわたるIPO挑戦隊独自のスペシャルプログラム「IPOチャレンジアカデミー」を受講いただき、IPOに向けた道筋を具体的に策定していただきます。※ 全8回のうち5回が入会企業限定のクローズ型セミナーで、ディスカッションやプレゼンテーションを中心とした実践的な内容です。(3)翌年以降は、策定いただいた成長シナリオを指針として、上場準備を進めていただきます。その間にも各社の状況に応じた様々な上場準備支援をお受けいただけます。65補助金・助成金運営されます。家派遣等のサービスを受けられる場合は一部有料)。融資・出資・施設共済・債務保証専門家派遣・経営相談研修・イベント・情報提供等【お問合せ先】九州本部 企業支援部Tel:092-263-0300第3章22IPOサポーター・監査法人・証券会社・ベンチャーキャピタル 等QSPサポーター・各県の支援機関 等企業地域対象者九州・沖縄・中国地域の新興企業で今後3~5年のうちに株式公開を果たしたいという明確な目標を有する企業事業のポイント3~5年以内での株式公開を目指す企業に対し、「九州中小・ベンチャー企業IPO支援プロジェクト(QSP)(※)」を中核とした支援機関が連携し、上場適格基準に近づくサポートを行います。(1)IPOチャレンジアカデミーによるIPOの基礎的知識の習得と事業計画書の作成を支援。(2)各支援機関などによる、資金調達や販路開拓の支援、公開準備に向けてサポート。※ QSPは福岡証券取引所を事務局とし、福岡県ベンチャービジネス支援協議会、九州ニュービジネス協議会、中小機構九州本部でご利用の流れ(1)お申込みいただいた企業を対象に、QSPを構成する4機関で入会審査を行います。ビジネスモデルや上場への意欲、利用実績2021年度までの入会企業63社のうち、上場企業は5社(TokyoProMarket 2社を含む)。 ・㈱エストラスト ・㈱東武住販 ・㈱Lib Work  ・㈱フロンティア(TPM) ・五洋食品産業㈱(TPM)IPOを目指す企業に対し、各支援機関が連携し集中的にサポート九州IPO挑戦隊

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る