(令和4年度)中小機構総合ハンドブック
64/104

事業承継・事業引継ぎ生産性の向上創業・新事業展開経営環境変化への対応共通・その他62会場:東京ビッグサイト東展示棟6ホール会期:令和4年12月14日~16日募集:令和4年7月上旬から8月末を予定概要:中小企業の優れた製品・技術・サービスが全国から集結し、幅広い業種の来場者が、新しい出会いや情報などとつながり、新たなアイデアやビジネスが生まれるマッチングイベントです。(2) 新価値創造展2022オンライン会場:新価値創造展ウェブサイト会期:令和4年12月1日~23日募集:令和4年7月上旬から8月末を予定概要:ウェブサイト上にリアル展示会出展者以外を含む中小企業者の製品等情報を掲載し、ビジネスマッチングの機会を提供します。(3) 中小企業総合展 in Gift Show/FOODEX開催概要、出展者募集情報は令和4年8月下旬にウェブサイトに掲載します。【手続の流れ】(1) 出展規約・出展募集要項をご確認の上、展示会事務局に出展の申込書を提出します。※展示会毎に事務局が異なります。出展募集情報は展示会ウェブサイトに掲載します。(2) 事務局において、応募者の中から書面審査等により出展者を決定します。(3) 事務局から文書により出展決定を通知します。(4) 出展者説明会、出展準備を経た後、展示会当日となります。【その他】展示会毎に出展可能な製品等分野が異なりますのでご注意ください。補助金・助成金※中小機構ホームページ(https://www.smrj.go.jp/sme/market/exhibition/index.html)融資・出資・施設共済・債務保証専門家派遣・経営相談研修・イベント・情報提供等【お問合せ先】販路支援部 販路支援企画課(展示会担当) Tel:03-5470-1525第3章19対象者自ら開発した製品・技術・サービスを保有し、展示会を通じて広く展示・紹介することで販路拡大や企業連携・共創などのビジネスマッチングを志向する中小企業者・小規模事業者。中小機構主催の総合展示会「新価値創造展」は技術分野の11カテゴリーの製品等、民間大規模展示会に中小機構がゾーン出展するものは飲食料品・雑貨等の消費財商材を対象とします。事業のポイント中小企業者等が自ら開発した製品・技術・サービスを一堂に会し展示・紹介することにより、販路拡大に繋げることができます。中小機構は、展示手法や商談準備に関するセミナー、ウェブサイトやガイドブック制作、DM・媒体広告による広報周知等を実施してマッチングを支援します。会場内では中小機構専門家による相談・アドバイス、商談会を行います。【新価値創造展】東京ビッグサイトでの「新価値創造展2022(第18回中小企業総合展 東京)」とウェブサイト上での「新価値創造展2022オンライン」を連携して開催します。【中小企業総合展 in Gift Show/FOODEX】民間専門展示会に中小企業総合展ゾーンを設け出展機会を提供します。ご利用の流れ【令和4年度実施内容】(1) 新価値創造展2022(第18回中小企業総合展 東京)利用実績新価値創造展2021 出展者数313社・機関 来場者数8,167人新価値創造展2021オンライン 出展者数381社・機関 ユーザ数19,568人中小企業総合展 in Gift Show 2022 出展者数90社(うち25社はパネル展示のみ)中小企業総合展 in FOODEX 2022 出展者数59社(うち5社はパネル展示のみ)製品・技術・サービスの展示を通して中小企業の販路開拓を促進中小企業総合展(新価値創造展)

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る