(令和4年度)中小機構総合ハンドブック
28/104

事業承継・事業引継ぎ生産性の向上創業・新事業展開経営環境変化への対応共通・その他主に3つの支援で中小企業の研究開発をサポート① 技術マッチング② Go-Tech事業の活用③ 事業(製品)化に向けた販路開拓共同研究開発案件大手企業◆ 優れた新製品・新技術・新サービスを持ちながら、単独で販路  開拓が困難な中小企業の販路開拓をサポート◆ 中小機構が自社製品・技術のテストマーケティングを実施す  ることで、大手企業からフォードバックを受けることが可能採択された研究開発計画に対して、最大9,750万円(3年間)を助成Go-Tech事業を活用して開発推進中小企業マッチング26したビジネスマッチング等を支援① 中小ものづくり高度化法の認定申請、成長型中小企業等研究開発支援事業(Go-Tech事業)の提案申請に関するご相談②Go-Tech採択中、採択後における事業化達成までの一貫した支援③上記に関連する施策、補助金等の情報提供及びアドバイス補助金・助成金融資・出資・施設共済・債務保証単独で研究開発した場合と比較したメリット☆コスト☆スピード☆品質専門家派遣・経営相談研修・イベント・情報提供等【お問合せ先】経営支援部 企業支援課Tel:03-5470-1564各地域本部は巻末P90~91参照第2章13事業ステージ開発テーマ①技術マッチング研究計画研究開発試作開発製品化・事業化③販路開拓②Go-Tech事業⑴目的 ものづくりの基盤技術の向上につながる研究開発の取り組みを支援して国際競争力を強化⑵技術分野 中小企業の特定ものづくり基盤技術及びサービスの高度化等に関する指針⑶支援内容  対象者研究開発・技術の高度化に取り組む中小企業者Go-Tech事業への採択を目指す企業、または採択された企業事業のポイント中小機構では、研究開発・技術の高度化に取り組む中小企業者に対して、研究開発・技術の高度化関連の支援施策の情報提供、施策を活用する際の遂行に関するアドバイスを行います。① Go-Tech事業等に関する情報提供・アドバイス 提案申請書作成アドバイス、技術課題解決等に資する助言、事業化に資する助言、各種情報提供 等②当機構の関連施策の情報提供等 機構関連施策の情報提供、機構関連施策担当窓口の紹介 等③セミナー・フォーラムの開催  支援機関等と連携しながらセミナー・フォーラムを開催することで、研究開発の成果普及や事業化の促進等を目的とご利用の流れ(1) お近くの地域本部へ、お問い合せください。(2)各地域本部で、相談日程、場所、対応する専門家の調整をいたします。(3)現地のアドバイザーがものづくり支援に関する相談を、機構窓口もしくは現地に出向いて支援いたします。利用実績令和3年度 支援件数 1,809件、サポイン事業採択件数 32件ものづくり中小企業者に対して、助言や情報提供を行います探索ものづくり支援 【成長型中小企業等研究開発支援事業(Go-Tech事業)】

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る